人気ブログランキング |

<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

命がリラックスできる灯りの色

懸賞 2014年 02月 27日 懸賞

(Japanese only)

■ お知らせ ■
非売品だったNaomi Angelの原画を特別に販売スタート!
【第1弾】 Naomi Angelの原画販売
【第2弾】 Naomi Angelの原画販売

いつもご訪問ありがとうございます♪ ブログランキングに、1日1回クリックよろしくお願いします♪
→ 人気ブログランキング
あなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪
f0186787_1555044.jpg


今、マンションの部屋の照明のリフォームを考えています。
スポットライト式のシーリングライトがいいか、ダイニングは思い切ってシャンデリアにしてみちゃう?とか、間接照明のフロアライトも買おうかな?とか、絵を描くのにどのくらい明るさが必要かな?とか、・・あれこれ考えています。

最近ですね、なぜか、とってもとってもとっても、蛍光灯の昼白色もしくは昼光色に拒否反応を示しています。
ごめんよ・・・。
(昼白色と昼光色については、こちらに説明があります。 蛍光灯でも、最近では電球色もあるみたいで、蛍光灯とひとくくりに言うのは厳密には違うみたいなので、昼光色or昼白色の蛍光灯、と書きます。 ややこしいんですけどね。)

昔からですが、昼光色or昼白色の蛍光灯やLEDの青白い色はあまり好きじゃなくて、私は白熱球、つまり、電球色と言われる、黄色い、温かみのある色が好きなんですよね。

昼光色or昼白色の蛍光灯やLEDの青白い色はなんだか無機質な感じがして、疲れてしまう。

前のマンションのときも昼白色の蛍光灯から数年後にはファン付きのシーリングライトをネットで購入して、電球色の白熱球に取り替えました。

今住んでいるところも、そのままそのシーリングライトつけようかと思ったのですが、ファン付のシーリングライトは天井に梁が出ていたり、壁に近すぎたりと、サイズが合わなかったので、それは実家にゆずってしまって、ここ2年、白昼色(もしかしたら昼光色かなぁ?)の蛍光灯で過ごしてきました。
もちろん、蛍光灯のシーリングライトを消して、間接照明に切り替えることもあったのですが・・

でも、ここ最近、昼白色(昼光色?)の蛍光灯の灯りで過ごすのが嫌になってしまって、電球色の間接照明で過ごしたり、キャンドルを炊いたりして過ごしていました。

そうそう、本当のことを言うと、キャンドルの炎が一番、リラックスできるのですよね。

だから、電球色の方が好きなんだなぁ・・なんて自分で納得してみたり。

過去生、電気のない時代は、キャンドル、ランプ、松明など、炎の灯りで過ごしてきたでしょう。
きっと、その名残もあると思います。

でも、昼光色or昼白色の蛍光灯が、なぜ落ち着かなくて、疲れてしまうのか、

それは、昼白色もしくは昼光色の蛍光灯の青白い色は、朝日、昼間の自然光と同じブルーライトを発しているので、人間の脳や身体が、夜なのに、昼と錯覚して、リラックスできないからなんだとわかりました。

白熱球(電球色)はサンセット、日の入りの色に似たオレンジと同じ色の波長なので、リラックスできる、
昼白色もしくは昼光色の蛍光灯は身体が昼モードに逆戻りしてしまって不眠症になりやすい、とこちらでも書かれていて、なるほど~!と納得してしまいました。

それに、白熱球(電球色)はサンセットの色だけでなく、古来人間が夜使ってきた炎の色にも似ているので、だからリラックスできるんでしょうね。

そう、もともと子どもの時から、なかなか寝付けにくい体質なんですが、夜、昼白色(昼光色?)の蛍光灯で過ごした日と、最初から電球色の間接照明にしたときとでは、寝つきがだいぶ違います。 後者の方が、すぐに眠くなります。

昼光色or昼白色のほうが、脳が活発になるので、勉強や仕事にはいいみたいですけど、人間、本来の姿としては、やっぱり、夜は寝る、休むモードなんだと思います。 勉強や仕事は昼間でいい!笑
ハワイのビッグアイランドのライフスタイルを見習わなくては!笑 (5時にはほとんどのお店が全部閉まってしまう)

欧米の家だと、昼白色もしくは昼光色のライトはあまりないみたいですね、電球色の方でそろえていることが多いと思います。

そっか、最近、身体が、昼白色もしくは昼光色のライトを受け付けないのは、ちゃんとした生理機能的な理由があったんだなぁと納得。

ああ、もう、これは、変えるべきでしょう。
と、そんなわけで、照明のリフォームを考えています。^^

でも、ブルーライトの影響は、昼白色や昼光色の蛍光灯だけじゃなくて、携帯電話の液晶画面や、パソコン、テレビの液晶画面からも出ているので、それも考えないといけないですね。^^; 寝る1~2時間前は控えるなど・・・。

なるべく、自然と対話していたころの人類の体に戻そう。。 なるべく。

魂のしくみ by Naomi Angel ← 大好評中の連載
2010年に連載したものですが、人はなぜ生まれてきているのか、そしてどこへ向かっているのか、人生で直面する問題に隠されたメッセージ、自分の住む世界が幸せになる方法、エネルギーの法則、など、Naomi Angel自身の体験と見聞による、魂のしくみのお話です。

■ Naomi Angel's Site Links ■
Naomi Angel オフィシャルサイト Naomi Angel's Official WebSite
Naomi Angel アートオンラインショップ Naomi Angel's Art Online Shop
Naomi Angel イベント情報 Naomi Angel's Event Info
Naomi Angel オフィシャルフェイスブック Naomi Angel's Official Facebook

■ Naomi Angel's Twitter ■
日本語 Twitter アカウント @NaomiAngel7 (Only Japanese Language 日本語のみ)
English Twitter Account @NaomiAngel777 (Only English Language 英語のみ)

by naomiangel | 2014-02-27 07:07 | Diary 日記

久しぶりの更新

懸賞 2014年 02月 26日 懸賞

(Japanese only)

■ お知らせ ■
非売品だったNaomi Angelの原画を特別に販売スタート!
【第1弾】 Naomi Angelの原画販売
【第2弾】 Naomi Angelの原画販売

いつもご訪問ありがとうございます♪ ブログランキングに、1日1回クリックよろしくお願いします♪
→ 人気ブログランキング
あなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪
f0186787_1555044.jpg


長らくご無沙汰にしていました!

いつもご訪問していただき、楽しみに待っていらっしゃる皆様、長らくお待たせしてすみません!

いままでになく、体力? 免疫力が落ちていたのか、なんと、今年に入ってから、実は、風邪を三回も引いてしまいました・・・

前の風邪が治りきらずに、免疫が回復する前に次の風邪を引く・・といったかんじでしょうか?

最初の風邪はお正月風邪を引いていた母から移り、のどがナイフで刺したかのようにとても痛くて、のどの痛みが直ったかと思ったら、今度は、咳が止まらず、二週間以上も続きました・・。 あまりにも咳のしすぎで、背中が筋肉痛になったほど。笑

そして、2月の頭に今度は、38.5度の熱が出て、3日間38度超えの熱が続き・・体も痛かったので、インフルエンザかと思いきや、検査したらただの風邪で・・・薬で熱が下がりましたが、ホルモンバランスが狂い、体がおかしい反応になっていて、たぶん、急激に熱を下げたのがまた良くなかったのか、その後、腸の調子がよくなく、完治しないまま、もう一度1週間後くらいに38度の熱が出て・・・今度は38度の熱を行ったり来たりが4日間続きました・・。 でも、今回もインフルエンザではありませんでした・・。
(まあ、今回は麻黄湯を処方されたので、体温を上げて発汗を促して熱を下げるので、その麻黄湯のせいで熱が下がらなかったのもあるのかもしれません?)やっと熱が下がった~と思ったら、また体が勘違いをして、ホルモンバランスが狂いました・・・。

という、ここ数年体験したことないような、高熱でずっと寝込む・・という生活を体験していました~。

ここ8年間は大根の効果で(大根=ウィルスを分解する力がある)、寝込むほどの風邪も、インフルエンザもかからず、健康でいたのですが、今年に入って、最初の風邪が次の風邪を呼び、さらに別の風邪を呼び・・・みたいな連鎖で風邪を引き続けました。

今はようやく元気になってきましたが、油断せず、マスクで予防してます。

年かしら?? 笑

風邪で寝込みながら、自分の体力の限界を感じ、これは、あれかな? もう、リタイアして温かい気候で絵を自由に描く環境を手に入れよう、と本気で決意して計画立てさせるための魂の企みかしら? なんて思うことにしました。(←とりあえず、ポジティブ転換)

うん、そう思うことにしよう。 じゃあ、本当に準備はじめよ~!

引き寄せよう~!

そういえば、姫乃宮亜美さんのクリスマススペシャルトーク会でいただいた、私への聖母のメッセージは、「新しい世界」でした。
新しい世界への準備なんでしょうね。

あ、前置きがだいぶ長くなりました。

オリンピックもそんなこんなで、ライブで見れることなく、録画したものを追いかけて観るようなかんじでした。

選手の皆さん、それぞれが本当によくがんばってくださいました!

メダルだけじゃない、感動的なストーリーがたくさん誕生しましたね。

私があえて書くこともないのですが、二点だけとりあげたいと思います。

真央ちゃん、ショートプログラムが始まる前日、私にでさえ、じかに伝わってくるような、「プレッシャー」がひしひしと感じられました。
真央ちゃんが抱えていたプレッシャーは相当なものだったと思います。
ショートプログラムで心を打ち砕かれるような思いをし、フリーでは真央ちゃん、本当の力を見せた。 完全燃焼の演技でしたね!
真央ちゃんの涙に、私も涙しました。 現役引退するかどうか、もう、私は真央ちゃんはじゅうぶんにがんばってきたし、彼女は、恋愛もお預けにするほどストイックな人だから、今後は、彼女がやりたい、生きたいと思う人生を選択してほしいと思いますし、それを応援したいと思います。

そして、羽生くん。
あの精神力の強さ、心がけ、演技、素晴らしいですね。
彼のスケートに対する姿勢、心がけに、私はとても心打たれました。

彼はリンクに入るとき、リンクに向かって、深々とおじぎをしてから入りますよね?

表彰台に上るときも深々とお辞儀。

リンクにまぎれこんだ虫も救ってあげる写真なんかもネットでお見受けしました。


空手も、道場に入場するとき、土下座して礼をしてから入場、退出するときも、土下座&礼。

道場に礼儀を尽くすんです。

そうすると、道場が神気を帯びて、神聖な場所になる。
少なくとも、私はそう感じています。
日本の道の良さであり、美しさでもありますね。(武道や茶道など、道のつくもの)

羽生くんは、人々だけでなく、リンクに対して、スケートに対しても、それを行っている。

見えない存在にも、すべての生命にも、すべてのものにも、優しさと敬意を払っているようにみえます。

それはもう、見えない存在も応援したくなってしまうでしょう。

スポーツって、技術を磨いたり、鍛錬を積み重ねたり、苦しいスランプを乗り越えたりする世界だけれども、
最終的には、こういう、見えないところでの「心のかけ方」だと私は思います。

余談だけど、羽生くん見てると、平安時代の神官(神主)か、陰陽師に見えてきてしまうのです。
私だけでしょうか? 笑


魂のしくみ by Naomi Angel ← 大好評中の連載
2010年に連載したものですが、人はなぜ生まれてきているのか、そしてどこへ向かっているのか、人生で直面する問題に隠されたメッセージ、自分の住む世界が幸せになる方法、エネルギーの法則、など、Naomi Angel自身の体験と見聞による、魂のしくみのお話です。

■ Naomi Angel's Site Links ■
Naomi Angel オフィシャルサイト Naomi Angel's Official WebSite
Naomi Angel アートオンラインショップ Naomi Angel's Art Online Shop
Naomi Angel イベント情報 Naomi Angel's Event Info
Naomi Angel オフィシャルフェイスブック Naomi Angel's Official Facebook

■ Naomi Angel's Twitter ■
日本語 Twitter アカウント @NaomiAngel7 (Only Japanese Language 日本語のみ)
English Twitter Account @NaomiAngel777 (Only English Language 英語のみ)

by naomiangel | 2014-02-26 15:28 | Diary 日記

懸賞