人気ブログランキング |

<   2010年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

あれから数日後・・愚痴が止められない人に「エネルギーの法則」を伝えました

懸賞 2010年 08月 30日 懸賞

(Japanese only)

前に書いた記事、「いつも愚痴を言う人 vs いつも物事の良い面を言う人 」のつづきになります。

タイトルを見ていただければ、あ、結局、伝えたのね、とすぐにわかると思うんですけれど・・ 笑

(偉そうなタイトルでごめんなさい・・ ただ、これが一番前回とつながっている記事だとわかりやすいかなと思いまして・・・ ^^; お許しください。)

例の愚痴や文句や不満ばかり言うお二人、それぞれに合わせて言葉を選んでお伝えしました。

というのも、伝えざるを得ない状況となったので、お伝えしたんですけれども・・

1人は(Aさんとします)、前の会社のある部分やイヤで辞めて、新しい会社に行ったのですが、結局、前の会社よりもっと忙しいところで、かつ、条件がよくなく、前の会社の方がよかった・・戻りたいよ・・・とおっしゃっていました。

(ああ、やっぱり・・・ ^^;)

エネルギーの法則からして、
愚痴や不満ばかり言ったり、人や物のせいにしていると、さらに良くない状況(もっと悪い条件の環境)を引き寄せるので、
私は、「ああ、やっぱりな・・」と思ったのでした。

(※ 誤解しないでほしいのですが、私が言いたいのは、くれぐれも、「弱音を決して吐くべきじゃない」という意味ではありません。 物事の良い面を見ずに何度も愚痴や文句ばっかり言った場合、どうなるか、という話です。)

でも、Aさんは、とても思いやりのある方だったので、私もなんとかして、彼女がよりよい環境へ導かれるようにと、彼女の一通りの話を聞いてから、「あのね、これはね、私の経験なんだけど・・」と切り出して、

かなり昔だけれども、自分がある会社で、人間関係に耐えられなくて、不満を上司にぶつけて辞めた後、次に行ったときは、自分は悪いことをしてないのに、もっと人間関係で泣きを見る羽目になったことがあって、これは、何かがおかしいと思って、それで、エネルギーの法則を改めて知って(2003年のころでした)、それからは、愚痴や文句をあまり言わないようにして、物事の良い面を、小さな部分でもいいから、見るようにして、感謝をするようになった。 そしたら、今度はどんどんとても良い状況へと導かれるようになり、いい会社にも勤めているし、ミラクルが起きている、と伝えました。

そして、
「スピリチュアルの世界ではね、エネルギーの法則というのがあって、愚痴や文句ばっかり言うと、さらにもっと愚痴や文句を言いたくなる、悪い状況を引き寄せる。 でも、小さな良い面にも着目して、そのことを口にして、感謝をすると、もっと感謝したくなるような、もっと幸せな良いことを引き寄せる・・と言われているんです。」
と、伝えました。

すると、Aさんは、「それ、すごくいい考えだね。 ありがとう! 私さっそく、それ、実践してみるよ!」と明るく笑顔でしっかりと答えてくれました。

そう、彼女は、「法則」を知らなかったのですね。 だから、伝えてよかったと思いました。

「ほんと、Aさんには幸せになってほしいから・・ぜひぜひ!」と私は彼女に口添えしました。


そして、もう一人のBさんは、初めてお会いし、自己紹介のときに、すでに、まず前の会社でイヤだった部分を挙げて「大変だったんですよ~」と始まり・・・
それから一緒に食事をするときも、ずーっと今の仕事への不満や不安、そして、自分の体の不安や大変さばかりに焦点を当てて話をし・・ 笑顔が少なく、眉間にしわを寄せて困った顔、あるいは、イヤだと言わんばかりの顔ばっかりをされていました。
Bさんが、不満や愚痴を言うたびに、私も、それに対していちいち、彼女が前向きになれるように、「こうやって見れば、ラッキーだと思えますよね~?♪」というように、良い面を挙げて、彼女が明るくなれるようにアドバイスをしていました。
ところが、彼女は、愚痴がいっこうに止まらず、しまいには、朝一番にくれる「おはよう」のあいさつメールに、「おはよう」のあとに必ず「愚痴」、という、「おはよう愚痴メール」を送ってくるようになり・・・ 
そこで、私もさすがに、毎朝愚痴メールを送りつけられて、これにいちいち答えなきゃいけないのは耐えられない・・・と思い・・

私はしばらく返信をしないで・・ どうすべきか考えていていました。

この人は、愚痴をいうことが癖になっているんだ・・ で、たぶん気づいてないんだ・・。
本当に辛くて愚痴を言うというよりも、ちょっとのことでもすぐに愚痴や文句を言ってる感じがした。

毎朝、毎回、いちいち対応しなきゃいけないのだろうか??

ほんとは、無視したいところだけど・・ それでは、変な誤解を受けてしまう・・。
だったら、ちゃんと伝えた方がまだいいんじゃないか・・?

と、しばらくぐるぐる考えていました。

実はそのあと、同じ日にAさんにその話を、自然に伝えることができて、しかも、喜んでいただけたので・・ そうか、「伝える」って、必ずしも、おせっかいじゃないな・・ と背中を押してもらえたような出来事が先に起きたので、Bさんにも、伝える決心をしました。

メールで、とりあえず、その朝の愚痴に対して、前向きにとらえられるように対応してから、そのあとに、「ねえ、Bさん、『ザ・シークレット』はご存知?」とおもむろに話をふってみました。

すると、Bさんは本も持っていて、すでに読んだことがあるとのこと。

「なんだ、じゃあ、エネルギーの法則は知っているよね?

愚痴や文句ばっかり言うと、さらにもっと愚痴や文句を言いたくなる、悪い状況を引き寄せる。 その悪さの度合いはどんどんエスカレートしていく。
でも、物事の良い面に目を向けて、そのことを口にして、感謝をすると、もっと感謝したくなるような、もっと幸せな良いことを引き寄せる。

Bさんと知り会って数日経ちましたが、
ぶっちゃけていうと、Bさんを見ていると、笑顔よりも、困った顔や、ネガティブな話題の方が多い気がするのね・・。
(こんなことを言ってごめんね。 でも、Bさんに笑顔が増えてほしくて。)
もちろん、過去に大変悲しい体験をされているので、それは本当に辛かったし大変だったと思います。

だけど、日々の生活のなかで、愚痴や文句ばっかりを口にしていたら、未来はもっと嫌なことを引き寄せると思わない?
物事の良い点に着目して、それを口にしていって、感謝をし続けたら、もっと感謝したくなるような、もっとハッピーなことが起きて、どんどんミラクルが起こるよ。
私も両方経験しているからね・・・・・・ 」

とこんな感じの内容で、自分の経験を付け加えて、メールを返信しました。

そしたら・・ 

「ううん、言ってくれて、本当にありがたいと思っている。 ありがとう。

エネルギーの法則・・ そうだよね。

うん、私ももっと笑顔でいられるようにするね♪

〇〇という本にも同じことが書いてあった。 笑顔は幸せを引き寄せるって・・。」

と素直に受け止めてくれました。

本当に二人とも、ありがとうございます。


もちろん、愚痴や文句が止められない人が私の前に現れたのは、なぜだろう?と私も考えました。

自分の中に、そういう側面があったから、自分が引き寄せた、というのもあるでしょう。

愚痴ばっかり言う人の話聞くの堪えられない・・というのも、ある意味愚痴だしなぁ・・・と妙な矛盾やジレンマを感じたり・・・^^;

まるごと受け止めてあげる、というのも素晴らしい境地なんだけど、私はちょっとそれができなかった・・・。
やってみようとしたけど、愚痴を言うのが癖になってしまっている人は、受け止めれば受け止めるほど、さらに愚痴を言い続ける感じがしました。
それに、事実を良く見ないで、悪い方にとらえているから、受け止める、というのはちょっとできなかった。

愚痴が止められない人というのは、そういうクセがつくように育ってしまった、というのもあると思うけれど。

実は、7月から私のところにやってくる課題の共通点が、「伝える」ということのような気がした。
だけど、おせっかいじゃないかとその都度、振り払ってきたりした。 でも、本当に精神と労力を割いても守りたい大切な人には、伝えた(家族とかね)。
今回は、そんなに深い関係の人じゃないのに、伝えたら、おせっかいだろうな・・・と思ったけど・・言わざるを得ない状況になった。

いや、私も未熟なんですけどね。

私の尊敬するスピリチュアル・メッセーンジャーの先生も、愚痴がエンドレスになってしまう人には、やはり、話を聞いてもらいたくて話すので、1回は聞いてあげます。 だけど、エンドレスなので、もう一度同じ話をし始めたら、今度は、「え、そうですか?」と言ってあげると、本人も我に返って、あれ、私の思い違いかな?と思い直すようになる・・ と前に、おっしゃったことがあったのを思い出しました。 ←こちらはやんわりとした素敵な気づかせ方ですが・・

自分の場合は、その人その人に合わせて、言葉を選んで、ダイレクトに伝えたいことを伝えてみましたが、
結果的にはよかったんじゃないかな・・と思っています。
(相手にも幸せになってほしいということも伝えて・・。)

とはいえ、

今回の件で、
私も、人にいつも自然と笑顔でいられるように、さらに、人生の中で、素晴らしい点にどんどん気づいて、感謝していこうと思いました。

ネガティブなスパイラルから抜けるとき、意識してポジティブ・シンキングになることは、最初は大切だと思う。 
良いところを見つけてみよう・・・って意識することだとかね。

意識せずに、自然と幸せいっぱいな感覚になっている状態になるには、やはり「気づく」ことかなぁ・・。

今回、そんな中で、アミのあの言葉も目にしました ↓

もし、人生やその瞬間が美しいと感じはじめたとしたら、
そのひとは目ざめはじめているんだ。
目ざめているひとは、人生は、素晴らしい天国であることを知っていて、
瞬間、瞬間を満喫することができる・・・・

-「アミ 小さな宇宙人」 P79-

もっとこの感覚になっていけるように、「気づいて」いこう。

うまく表現できないのですが・・

今回の件から・・こんなことを考えました。


追記: その後日談です。笑 → 愚痴をやめられないあの人=本当は甘えたかった私の心の映し? 2013/1/29


★イベントのお知らせ★

2010年9月5日(日) in 青山 スタジアムプレイス青山 華蓮(KAREN)さんのクリスタルボウルとのコラボイベント


f0186787_1541487.jpg← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-08-30 00:03 | Happiness-Law 幸せの法則

乙武くんと書道家・武田双雲さんTwitterで対談

懸賞 2010年 08月 27日 懸賞

(Japanese only)

昨日から行われている、乙武くんと書道家・武田双雲さんの対談、今日・今も繰り広げられています。(22:02)

まとめてくださった人がいるので、そのリンクをご紹介します♪

乙武洋匡と武田双雲の教育対談Vol.1
乙武洋匡と武田双雲の教育対談Vol.2

続きは右のリンクメニューに追加されていくと思います。(追記: いったん終了みたい。8/28)

昨日感動した、乙くんの言葉・・・

『もちろん、家族からの愛を受けられるのがベスト。でも、現実は悲しいことに、そうした幸せに恵まれる子ばかりではない。だから、僕は教師として、親の次に子どもたちの近くにいる教師という立場で、愛を伝えていこうと思った。親の代わりにはなれないけれど、「君のことが大切だ」と伝えていこうと。 』

『僕のクラスの子どもたちは、みんな親に愛されていた。でも、その愛がうまく伝わっていないケースもあった。それは「照れ」だったり、「言わなくてもわかるでしょ」という思い込みだったり。だから、僕は親から子へ手紙を書いてもらった。子どもたちは、大号泣。「こんなに大切にされてたんだ…」』

『僕より勉強を教えるのがうまい先生は、いくらでもいた。僕より子どもを楽しませることが上手な先生も、たくさんいた。でも、僕は子どもたち一人ひとりがかけがえのない存在であることを伝え、自分を大切に思う気持ち=自己肯定感を育むことを、教師として、何より大切にした。そんな授業も何度もした。』

『「みんなちがって、みんないい」。そのことを伝えるのに、僕の体は何より便利にできていたし、自分の存在に不安を抱いている子がいれば、僕は必ずこう声をかけた。「だいじょうぶ、だいじょうぶだよ」――だから、新刊のタイトルは『だいじょうぶ3組』としたんです 』


↓ その、乙くんの9月3日発売予定の新刊、『だいじょうぶ3組』が、Amazonで予約開始されたそうです。

『だいじょうぶ3組』

★イベントのお知らせ★

2010年9月5日(日) in 青山 スタジアムプレイス青山 華蓮(KAREN)さんのクリスタルボウルとのコラボイベント


f0186787_1541487.jpg← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-08-27 22:02 | Diary 日記

乙武くんと書道家・武田双雲さんが明日Twitterで「教育」について対談♪

懸賞 2010年 08月 25日 懸賞

(Japanese only)

表題のとおりですが、
明日、ツイッターで、乙武洋匡くんと書道家・武田双雲さんが「教育」について対談するそうです♪

未だにツイッターの使い方がよくわからない私だけど・・ 笑
タイミングよく、乙くんと双雲さんの対談が見れます♪ (リアルタイムかどうかわからないけど・・)

乙武洋匡くん
Twitter http://twitter.com/h_ototake
Official Blog http://sports.nifty.com/ototake/

武田双雲さん
Twitter http://twitter.com/souuntakeda
Official Blog http://ameblo.jp/souun/

実は・・・乙くん・・・ 昔、リアルでうちの家族全員が仲良くさせていただいたお友達なんです。
ほんとに、よくがんばっているなぁ。

あんなに心が強く、たくましく、大きい人に、出会ったことがないと思う・・・

★イベントのお知らせ★

2010年9月5日(日) in 青山 スタジアムプレイス青山 華蓮(KAREN)さんのクリスタルボウルとのコラボイベント


f0186787_1541487.jpg← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-08-25 21:33 | Diary 日記

父のギター2 アストリアス (追記あり)

懸賞 2010年 08月 24日 懸賞

(Japanese only)

前の記事「父のギター アルハンブラの思い出 & 愛のロマンス」の続きです。 

もうひとつ、父がよく弾いていた、私の好きな曲、曲名が「アストリアス」とわかりました。 笑。

とういうわけで、こちらもご紹介。 うんうん、これもよく弾いてました。 懐かしいなぁ・・。
こちらはテンポが元気な曲ですね。

アストリアス Asturias by Isaac Albeniz
(追記: John Williamsさんによる演奏)


(追記: ↑ こちらの動画でアストリアスを弾いている人は、John Williamsさんという人。 ほんとに上手ですねえ。 このPVの撮り方も好きです。 場所といい、遠くから近くへ近づく感じといい・・ )

★イベントのお知らせ★

2010年9月5日(日) in 青山 スタジアムプレイス青山 華蓮(KAREN)さんのクリスタルボウルとのコラボイベント


f0186787_1541487.jpg← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-08-24 07:39 | Music 音楽

父のギター アルハンブラの思い出 & 愛のロマンス (追記あり)

懸賞 2010年 08月 23日 懸賞

(Japanese only)

昨日、クラッシックの動画を探してたら、偶然見つけた、「アルハンブラの思い出」と「愛のロマンス(禁じられた遊び)」。

実は、うちの父、ギターが上手で・・・
高校の時に、「アルハンブラの思い出」をマスターしたのだそう。
(子どもの頃はプロを目指していたんですって。 結局趣味になっちゃいましたが・・ 一時は本気でプロを目指して練習してたから、それなりに上手でした。)

私が子どもの頃、父は、「愛のロマンス」と「アルハンブラの思い出」と、他にいくつかの曲※を、仕事から帰ったときや休日に、よく弾いていました。 (※他は、どれがどれなのか私がよくわからないけど、笑、今確認したら、父いわく、他の曲は「アストリアス」とか、「グランソロ」とか、「魔笛の主題による変奏曲」、プラス その他。とのこと)

その当時は、父のギターが当たり前すぎて、その腕のすごさがわからなかったのですが、
今となっては、「アルハンブラの思い出」が弾けたなんて、すごいなぁと思っています。
ピアノで言うと、「ラ・カンパネラ」というくらい、クラッシック・ギターの中ではかなり難しい曲なのではないでしょうか?(←すみません、私素人なので、このたとえ話、的確かどうかわかりませんが。笑)
ピアノは鍵盤をたたけば、その音が出るけど、ギターは、指の強さの加減で、出したい音が出なかったりするし、綺麗な音を出すのが本当に難しい!
その難しい楽器で、「アルハンブラの思い出」が弾けるのはすごいなあと、大人になってからわかりました。

最近はもうギター弾かなくなり、そのうちに(私が高校だか大学だかのときだったかな・・)、ピアノに興味が出たらしく、笑 ピアノなんて習ったことがなかった父なので、最初は聞いていられないほど、メロディのテンポがめちゃくちゃで、散々でしたが、飽きもせずに毎日弾き続け、そのうちにリチャード・クレイダーマンの「渚のアデリーヌ」が美しく弾けるようになるほど上達しました。 でもギターの方がやっぱり上手い。笑 子どもの頃はバイオリンも習っていた、というから、もともと楽器は好きで得意なんだろうなぁ・・。

ここ数年、父のギターを聴かなかったので、動画で、昨日「アルハンブラの思い出」と「愛のロマンス」を見つけたときは、とっても懐かしくて、子どもの頃、当たり前と思っていた曲が・・・、改めて聴くと、本当に美しい曲で、何回も聴いてしまいました。
ああ、私、この曲本当に大好きだな~って。
そして、何よりも、改めて、私、父のことが大好きだな、なんて胸がいっぱいになりました。
父が弾く音色は、本当にとても優しく、そして美しいです。
父の奏でるその美しい音色に、父の優しさが響いていたな、となぜか今頃になって気づいて、涙が溢れました。

「アルハンブラの思い出」を弾くギターリストの動画はたくさん出てきましたが、メロディが綺麗に出ているこの動画を紹介します。↓

アルハンブラの思い出 Recuerdos de la Alhambra by Francisco Tarrega
(Enno Voorhorst さんによる雪の中でのギター演奏)



追記: ↑ 見つけた20個くらいの動画の中では一番上手&綺麗だと思いました。 この人の演奏が一番好きかな?^^ 雪の中の演奏、というのがいいですね。^^ (今、こちらは猛暑だから、なおさら・・・笑 いや、そうじゃなくても・・) 冷たい空気に音が響いていく感じがよく伝わりましたね。 終わってからすぐ手をさする動作がまた・・ 笑。 よく寒い中で指が動いたもんです。笑。

「愛のロマンス」はやっぱり、ギターで聴くのが一番好き!

愛のロマンス(映画「禁じられた遊び」) Romance De Amor



次回、実家に帰ったら、父にまた弾いてもらおう。

(実はずっと前に頼んでいるんだけど、最近ギターを弾いてないそうだから、私の結婚式では「アルハンブラの思い出」を弾いてもらう約束をしていて、練習しといてねっと頼んでいる。笑。 「(結婚)いつになるんだよ。」と言われたけど。笑。)

最後に、「アルハンブラの思い出」をピアで弾いた人がいて(あれをピアノで弾くなんて!笑)、その動画を紹介します。 指の動きが大変そう。笑。 ピアノの音もいいですね。↓



追記: 「アストリアス」という曲 → この次の記事「父のギター2 アストリアス」へ

★イベントのお知らせ★

2010年9月5日(日) in 青山 スタジアムプレイス青山 華蓮(KAREN)さんのクリスタルボウルとのコラボイベント


f0186787_1541487.jpg← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-08-23 21:43 | Music 音楽

小さな宇宙人アミの言葉

懸賞 2010年 08月 21日 懸賞

(Japanese only)

マイミクさんのプロフィールに、小さな宇宙人アミの素敵な言葉が載せられていたので、私も、久しぶりに本を開いて、そこを読んでみました。 ↓

もし、人生やその瞬間が美しいと感じはじめたとしたら、
そのひとは目ざめはじめているんだ。
目ざめているひとは、人生は、素晴らしい天国であることを知っていて、
瞬間、瞬間を満喫することができる・・・・

-「アミ 小さな宇宙人」 P79-

こちらは、私が描いた、「天国」という作品とその時につけたメッセージ。 ↓

f0186787_13461634.jpg
(大きい画像はこちら More bigger image.)

美しい天国はあなたのこころの中に存在します

もし、あなたがこころの中に天国を想像し、
その美しく、穏やかで、優しくて、豊かで、幸せなエネルギーを感じたら、

あなたは、この現実世界とあなたの人生そのものが
天国であることに気づくでしょう


こころから尊敬する、私の“人生の大先輩”(メンター)が、ある時、こうおっしゃいました。

「天国に行きたいと懇願する必要があるか? すでに、今のこの人生そのものが、天国じゃないか!」

今生きているこの現実世界が天国になり得る。
結局は、この地球に生まれてきたのは、それを人生で体感するためなんだと私は思います。

------------------------------------------------------------------------------------

↑ 自分に改めてリマインドする意味でも、載せてみました。

★イベントのお知らせ★

2010年9月5日(日) in 青山 スタジアムプレイス青山 華蓮(KAREN)さんのクリスタルボウルとのコラボイベント


f0186787_1541487.jpg← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-08-21 22:37 | Happiness-Law 幸せの法則

会場決定: 9/5(日) in 青山 華蓮's クリスタルボウル & Naomi Angel's アートギャラリー

懸賞 2010年 08月 21日 懸賞

(Japanese only)

9/5(日) in 青山 華蓮's クリスタルボウル・サウンドヒーリング & Naomi Angel アートギャラリーの会場が決まったそうなので、お知らせします。

Crystal Light Works クリスタルボウル・サウンドヒーリング & Naomi Angel アートギャラリー in 青山

2010年9月5日(日)

タイムスケジュール
   ▼Naomi Angel アートギャラリー(入場無料)
    13:30~14:00 - 天使の絵のギャラリータイム
    15:00~15:30 - 天使の絵のギャラリータイム

   ▼クリスタルボウル・サウンドヒーリング(3,000円)
    13:30~ 受付開始
    14:00~15:00 - クリスタルボウル・サウンドヒーリング

場所 スタジアムプレイス青山 10階1009号室
   東京都港区北青山2-9-5
   Tel : 0800 -111- 4006(通話料無料)
   東京メトロ銀座線 「外苑前」駅3番出口 徒歩2分

f0186787_0465864.jpg

※クリスタルボウルは、横になって聴いていただくので、リラックスできる服装でお越し下さい。 ブランケットもしくはタオルケット等を2枚(下に敷く用と体にかける用)お持ち下さい。
横になって聴いていただくので、とてもリラックスして聴いていただけます♪ とても気持ちいいです。

★お申込み&詳しくは下記リンクへ★

2010年9月5日(日) in 青山 スタジアムプレイス青山 華蓮(KAREN)さんのクリスタルボウルとのコラボイベント


f0186787_1541487.jpg← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-08-21 20:37 | Event イベント

いつも愚痴を言う人 vs いつも物事の良い面を言う人

懸賞 2010年 08月 20日 懸賞

(Japanese only)

ちょっと更新ご無沙汰していました。
皆さまお元気でしょうか?

東京は昨日からちょっと涼しく、過ごしやすくなっています。^^

なんかですね・・・ ここ2,3日考えることがありまして・・

やっぱり、自分が体験する世界はほんとに「自分」次第だよね~~~と思うというか・・・。

私は、今年の4月から新しい環境になり、
数年ぶりに、企業で働くたくさんの社会人の方とお会いする機会がぐんっと増えました。
もちろん、スピリチュアル・アーティストとしての活動もやっているので、そちらの方面でも、スピリチュアル的なお仕事をされている方、地球のよりよい未来のために音楽活動をされている素晴らしい方たちにもたくさんお会いする機会もぐんっと増えています。

おかげさまで、素敵な出会いがたくさんあります。^^

社会でも本当にかっこいい生き方をしている方々にたくさん出会って、こちらもしゃきっと背筋が伸びるような気持ちになる素敵な方々がいらっしゃいます。


だけども・・

そんな中でも・・ 残念ながら、この人、人生無駄にしている・・というか、自分の癖でどんどん悪い方を引き寄せているよなぁ・・と思う社会人の方がいらっしゃったんですね・・。

それは・・

愚痴や文句ばーーーーっかり言う人。

こういう人と接するのはちょっと久しぶりだったのもあって・・(いや、数年ぶり?笑)

すごく私には、はっきりと「んんん、この人、かなり愚痴タラタラ・・・文句ばっかりな人だなぁ・・」と見てとれたんですね・・。

会話のうちの7~8割以上は愚痴・・・・

聞いている方は、とっても気分良くないです。 ねえ、愚痴ばっかり言ったり言い合うのって楽しい????
はっきり言って、私はイヤだな・・・。
悪いエネルギーを更に引き寄せているとしか思えない。

私はやっぱり、ポジティブな人が大好き。

私の素敵な親友たちは、物事の良い面を話題にする人たちばかり。
自分の力で乗り越えようとして、がんばる頼もしい女性たちばかり。
問題にぶつかったときも、たいていが事後報告で、こういうことがあってね、こういう風に対処したんだというかんじ。
だから、普段から、物事の良い面を見て、かつ、自分で何ができるか、を前向きに考えて、行動する人が多いから、そういう彼女たちがときにこぼす心の弱みや愚痴、あるいは辛い報告というのは、普段がんばっていてそのうえでこぼす愚痴や辛さだから、とても同情して耳を傾けることができる。
なんていうかな、ちゃんと事実を見たうえでの判断でもあるしね。

ポジティブな女の子の会話っていうのは、
周りの景色を見て「わぁ、綺麗~!」だとか、「今日のワンピース素敵ね~♪」とか、「わあ、かわいいワンちゃん♪」だとか、目に飛び込んでくる素敵な現象について、感動を口にしたり、話題にする内容も、「あの人、ほんっといい人だよね~」、「〇〇さんね、本当にいい人なの!」、「私、〇〇(映画とか、趣味とか)がだ~いすきなの♪ とてもハッピーになれるし。」、と、顔もいつも笑顔だし、なんだか会話にもキラキラオーラが舞っているかんじ。

文句ばっかりな女の子の会話は、
「今日〇〇さんに話しかけたら、なにっ?ってうざがられたよ~」、「もうー、今日早く帰りたいなー。 早く終わんないかな。」、「これやんなきゃいけないのかと思うと、うんざりだよー。」、「前の会社ね、〇〇な人がいてね、大変だったのねー。 まいったよー。」と顔を始終しかめながら話す。
見ていると、笑顔よりも、困っている顔・しかめっつらばっかりです。 ご自分で気づいているのでしょうか・・・

で、私が知り合ったその文句ばっかり言う女性の方は、2人ほどいらっしゃるんですけど・・
(その2人は互いに知り合ったことがない、別の場所にいます)

共通しているのが、
前の会社でも、新しい会社でも、何かしら不満があって、愚痴がたまっている、という感じ・・・・

はっきり言って、私の目から見れば・・もっと冷静に周りを観れば、前の会社も新しい会社もいっぱいいいところがあったはず。 そこに目を向けずに、あるいは、よい面を見逃して、人や会社を判断して、文句を言っているようにしか見えなかった。

その2人がある人たちを悪く言うのですが、実は、私もその人たちを知っていますが、私から見たら、その人たちはすごくいい人。 私はその人の良い面をちゃんと知っているし、私はとっても親切にしてもらっています。
彼女たちは、事実を知る(見る)前に、勝手に判断して、悪い方へと決めつけてしまっている感じがしました。
だからどこに行っても、彼女たちにとっては、不満の環境でしかないんだろうな・・。
自分がものの見方を変えなきゃ・・・ね・・・。

周りのせいにして、愚痴ばっかりいうおかげで、さらに自分にとって望ましくない環境を引き寄せてしまっているんじゃない?と見ていて思いました・・。

もうひとつ共通しているのが、2人ともどこかしら、体が弱いというところ・・・・

もちろん、なんらかの理由で本当に体が生まれつき弱いということはあるでしょう。
だけど、彼女たちの場合は、もともとの体の弱さ、というよりも・・ 考え方や愚痴をいう癖でその状況を引き寄せてしまっているように見えました・・・
いつも始終文句や愚痴ばっかり言っていたら、さらに細胞だって弱まってしまうよ・・・
文句や愚痴ばっかりいうことで、さらに体の細胞を弱めている・・・と思いました。

ザ・シークレット(引き寄せの法則)では、今目の前にあることに感謝をすれば、さらに感謝したくなるもっと素晴らしいことがやってくると言っています。

この春から新しくお友達になった素敵な女性の中で、バリバリキャリアウーマンの方がいらっしゃいますが、その方は、マネージャーさんですが、一緒に食事すると、とても楽しい♪ 大好きです♪
話を聞いていると、物事を本当に良い方へととらえる姿勢の方。 笑顔で綺麗だし。 本当にポジティブ・マインドだから、お仕事もできる。 偶然、その方も神社が大好きでよくお参りするらしいのですが・・見えない部分でのこころがけがとてもきちんとしている人だなぁと感じられた方でした。

その方も・・・
「なんか、どうしてもネガティブ・マインドから抜けられない人っているよね・・・ ああいえばこういう、で文句言うだけ言って動こうとしない人・・ 私は一緒にいられないなぁ・・」とおっしゃっていたんですが・・
私も、同じだなぁ・・と思いました。

正直言って・・一緒にいたいと思うのは、やっぱりポジティブに物事をとらえようとする人と一緒にいたいと私は思います。

その文句タラタラな人に・・・ 私、伝えてあげた方がいいんだろうか・・とちょっと考えてしまったのでした・・・・

「スピリチュアルな考え方からいうとね、愚痴ばっかり言い続けていたら、細胞が弱まってしまうし、さらに愚痴をいいたくなる環境を引き寄せてしまうんだよ? なんか、いっつも不満ばっかり言っているようだけど、もうちょっと物事のいい面を観て、そのことを口にし続けていった方が、体も健康になるし、さらに感謝したくなる素敵な環境を引き寄せられるようになるよ?」

って・・・

おせっかいだろうか?

言うか言うまいか・・・ 愚痴ばっかりでしかめっ面の顔をずっと聞いたり見ていたいとは、残念ながら、思いませんので・・笑 やっぱり、タイミングを見て言うときがくるのかなぁ???

でも、その愚痴ばかりこぼす2人は、いい人であることには間違いないんですけどね。

だけど、愚痴ばっかり言うのは、さらに悪い環境を引き寄せるだけだということを知った方がいいですよね・・。

社会には愚痴が止まらない人、まだまだ多いのでしょうか??? (←なんか、シャバに出てきたような気分・・・笑)

本当に良い環境になってほしいなら、自分の中心から良いエネルギーを発すること、良い言葉を発し、よい見方をすることです。
つまり、目の前にある、小さなことにも、感謝感謝です。

そうすると、さらに感謝したくなるもっとよい環境が目の前にくるのですから。

もうひとつ、言うと、
風水では、文句ばっかり、人の悪口ばっかり、愚痴ばっかり言う人のそばにいると、運気が下がると言われています。 それくらい、エネルギーに大きな影響があるのです。

ここ最近の本音を書いてみました。

追記: あれから
数日後・・愚痴が止められない人に「エネルギーの法則」を伝えました
 2010/8/30

追記: 愚痴をやめられないあの人=本当は甘えたかった私の心の映し? 2013/1/29

ところで、ここでお知らせですが、
ちょっとしばらく、私、集中してやりたいことがありまして、
しばらく、ブログの更新がまばらになるかもしれません。

皆様にとって、毎日がキラキラ・ミラクル・ハッピーとなりますように♪♪

好評の連載「魂のしくみ」シリーズがリクエストに応えて、待望の書籍化☆2016年2月22日発行!
魂のしくみ - こころがうるおう、やさしいお話 引き寄せの法則を紐解く魔法の本
f0186787_14514619.jpg


★イベントのお知らせ★

2010年9月5日(日) in 青山 スタジアムプレイス青山 華蓮(KAREN)さんのクリスタルボウルとのコラボイベント


f0186787_1541487.jpg← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-08-20 21:34 | Happiness-Law 幸せの法則

おまけ。 ジャッキーのアクション豪華詰め合わせ【動画】

懸賞 2010年 08月 16日 懸賞

(Japanese only)

なんか、たまたま見つけたので・・載せます。
いや~、懐かしい・・ (思い出せないシーンもあったけど・・)
これ、集めた人すごい!笑




音楽も懐かしのあの曲! あれは、スパルタンXでしたっけ。^^

いや、改めてみると、ほんとにすごいですね・・・ ジャッキー・・ 未だにそのスピード感&チャレンジ精神顕在っていうのも・・・。

「サンダーアーム」の頃は、もう、無茶しないで~と逆に彼の体が心配でしたが、本当にこの人はスーパーポジティブ・・ ほんとにスタントなし・・・

映画デビュー当時のカンフー映画のときよりも、現代アクション映画の方がどんどんスピードとアクションがグレードアップしているなぁと、改めて観るとよくわかります。

(スピリチュアル・アーティストのブログに載せる内容かというと微妙ですが・・すみません・・・・^^; あまりに懐かしかったので・・・)

★イベントのお知らせ★

2010年9月5日(日) in 青山 スタジアムプレイス青山 華蓮(KAREN)さんのクリスタルボウルとのコラボイベント


f0186787_1541487.jpg← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-08-16 22:37 | Movies 映画

映画「ベスト・キッド」 by ジャッキー・チェン & ジェイデン・スミス

懸賞 2010年 08月 16日 懸賞

(Japanese only)

ジャッキー・チェンの「ベスト・キッド」を観て来ました!
(なんか、空手からカンフーに切り替わっているのに、原題がオリジナルと同じ「The Karate Kid」のままだったみたいですね。笑)

やっぱり、『さすが』です。 見ごたえ&迫力がありました!
(みんなの評価もかなりいいですね。^^)

これは私の目からみる感想になるんですが・・ (読み返したら・・・思い切りマニアック・・かも・・^^;)

まず、子どもたちのカンフーの腕が本物!

なので・・ ケンカのシーンが、ちゃらんぽらんじゃなくて、すごくリアルで、・・・・正直「痛々しい」ほど。(←演出に対してのほめ言葉でもある・・^^;)
ほんとに相手の体を投げちゃってるし、蹴りで思い切り吹っ飛ばしてしまっているし、
殴っているシーンもほんとに殴っているっぽく見える。 (殴るのは手加減&演技してるだろうけど、それにしてもリアルすぎ・・)

ただの演技ではなく、迫真の演技に仕上がっていました。 子どもたちだけなのに・・ 
これはさすが、ジャッキー&香港映画界の演出だなぁと思いました。
(そうなの、ジャッキー、リアルさを再現するために、かなりアクションシーンでスタントなしで俳優さんにやらせるところあるのです・・^^; ジェイデンくんも大変だっただろうな。)

ウィル・スミスの息子、ジェイデン・スミスが主人公でいじめられっ子役なんだけれども、
彼ももともとある程度運動神経がいいという設定になっている。
だから、一番最初、果敢な部分もあるんだけれども、それでも、全然太刀打ちできない、カンフーの達人であるいじめっこたちなので、その後学校でびくびくする・・という感じでした。
つまり、レベルの高い?戦いが繰り広げられていました。

映画雑誌によると、最後の武道大会で登場する子達は、中国全土の武術道場の子達を集めて、ジャッキーたちがオーディション主催をして選んでいるらしく、さすが、ハイレベルのすごい試合になっていました。 戦い方も、綺麗で速くて強い。 芸術的でもあるし、リアル感がありました。 (芸術的、といっても、誤解しないでほしいのですが、卑怯な手段は違いますよ。 正々堂々とした中での動きや技が芸術的という意味です。)

ま、一番最後のあの技は・・私的には、少し「んんっ??」なところもあるけど・・
(何がどう 「んんっ??」なのか、黙っています。すごく細かいことですし。笑 気づかない人は気づかないだろうし・・ 先入観なく、映画を楽しんでみてください。^^ スカーッと気持ちよく見れると思います。)

さて、ここまでがカンフーやアクションシーンについての感想ですが、

ジェイデンくん、ほんっとうに演技が上手!! 天才!
感情の表現が本当にうまい。 さすがだなぁと思いました。
将来ウィルを超えてしまうんじゃないかと思うくらい演技うまかったです。
カンフーの特訓シーンもなかなかでした。 あんなに体小さいのに、腹筋すごかった。^^
がんばったんだろうなぁ。
ちなみに、彼も実際に3歳から空手をやっていたんですって。
試合でのジェイデン、かっこよかったです。 技を決めたときには、思わず劇場で拍手してしまったよ!笑
スカッととても気持ちよかったです。^^

映画クランクインする前に、約3ヶ月、ジャッキーが率いる武術指導グループの一人(ジャッキーの直弟子)が渡米してジェイデンにつきっきりでカンフーの特訓、かつ、撮影中の合間でも特訓をしたそうです。 このトレーナーが映画の全体の武術指導・振り付けにあたったそうです。(すみません、名前忘れちゃった・・・)

それから、ジェイデン、ダンスも上手! 本当に才能がありますね。

ジャッキーの師匠役もとてもよかったです。
もちろん、師匠役だから、あまりアクションをやらないけど、ジャッキーの師匠役を観たかったのでよかった。
なんていうかな、私もジャッキーの映画を見て育った部分もあるから(笑)、若き日のジャッキーの記憶もある中で、貫禄の出たジャッキーを見ることができるというのは、なんか嬉しいです。 時代の流れと奥深さを感じて・・・。
なんでも、ジャッキーは、ウィル・スミスから「ベスト・キッド」の依頼があったとき(ちなみに、この映画は、ウィル・スミス夫妻のプロデュース)、自分が主人公だと思ってて「で、師匠役は誰なの?」と聞いたらしい。笑。 ジャッキーは「僕は自分のことをいつまでも『少年』だと思っているんだよ。 でも、師匠役をやると聞いて、ああ、僕も年をとったんだなぁと我に返った」と言ったようです。笑。
若々しさを保ち、生涯現役を貫く秘訣はやっぱり、自分はいつまでも「少年・少女」もしくは、20代の若者と思い込んでいるといいんだなぁとつくづく思いました。^^
(ジャッキーが日本に来ているときお寿司屋さんで食事してたら、ウィル・スミスが入ってきて名前を呼ばれて、「ベスト・キッド」やらないか?と提案されたんですって。 運命的だったのですねえ。^^)

ジャッキーとジェイデンの特訓シーンも、とてもよかったです。 ちょっと若き日のジャッキーのカンフー映画の特訓シーンを彷彿とさせました・・笑

すっごく笑えるシーンもあり、そして、泣けるシーンもあり・・・ ← 不覚にも泣いてしまいました。 あのシーンはよかった・・・(あんまり多くを語ると、すごくもったいないから、これも触れずにおきます。) どのシーンのことかは、観ればわかると思います。^^

あの、「グリーン・デスティニー」(Crouching Tiger, Hidden Dragon)の舞台にもなった、世界遺産である「武当山」(ウータンシャン)の頂上の撮影がよかったですねえ・・ あそこに私もいつか訪れてみたいと思いました。 とーっても崇高な感じがしました。 なかなか撮影許可が下りないとこらしいのですが、映画「ベスト・キッド」のために撮影OKになったというのもミラクルだったみたいですよ。

あそこを撮影しただけで、精神の静寂というのをすごーく表現できた気がします。 場のエネルギーもあるんだろうな・・・・。

NHKの世界遺産ギャラリーから抜粋
武当山では今も、数百人の道士たちが、玄天上帝を祀り、仙人の境地を目指して、修行を続けています。武当山の道士は、武術の鍛錬にも力を入れています。武当山は、伝統的な中国武術、武当拳の発祥の地でもあるのです。

武当山の写真と説明を載せているブログ

彼らの来日時のインタビューを紹介します♪ ↓

ジャッキー・チェン、ジェイデン・スミス、ウィル&ジェイダ・スミス夫妻 インタビュー

ところで、たくさん映画の良い面を書きましたけれども・・ もちろん、個人的には、つっこみどころはあります。笑
(実際、あそこまで非情な武術の指導者いるかな~、とかちょっと違和感を感じたり・・ ← でもオリジナルもそんな感じだったから、しょうがないかも・・? だけど、舞台がアメリカから中国に変わったなら、その人格性も見直して脚本作りなおした方が良かった気がします。 中国人じゃ、あのキャラクター違和感ありすぎて・・笑  ※)

でも、全体的にはとてもいい映画でした♪♪ 観終わった後、爽快でした。

続編も考えているようで、ぜひとも、オリジナリティ溢れる素晴らしい作品を作ってほしいと思います。
(続編つくるなら、タイトル、The Kung Fu Kidにすればよかったのにね・・・ 笑)

ジャッキーが演じる師匠ハンの言葉 「最高の戦いは、戦わないことだ」

------------
※番外編
(ま、興味のある方だけお読みください)

なんで違和感があるかというと・・

中国は武術の発祥地。 武道は「精神の道」でもあるから、武術を極めた指導者に、ああいう非情さはあり得ないと私は思ってしまう。 これが、アメリカの場合、空手やカンフーは外から来たものだから、武道を「武道」としてとらえずに、「格闘技」として取り入れて勘違いして、血の気の多い人たちが身につけるというなら、あり得る設定なので、だから、アメリカが舞台の時は、こういう非情な指導者というのは違和感感じなかったのかも・・
はたして、今の中国の道場に、「情けを捨てろ」「とどめをさせ」と教える道場はあるだろうか??
個人的にはもう少しここを練った方がよかったんじゃないかなぁと思う・・・・
でも、カンフーの時代劇にもカンフーの達人の極悪人は登場したけれどもね・・・ (「ドラゴン太極拳」の銀魔王とかね・・) あれでよかったのかなぁ・・・ でも悪者だとしてももうちょっと演出が違う気がするんだけどなぁ。


f0186787_1541487.jpg← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-08-16 21:37 | Movies 映画

懸賞