人気ブログランキング |

<   2010年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

じ~んと来たニュース

懸賞 2010年 03月 27日 懸賞

(Japanese only)

ミクシィのニュース欄にあったのですが、このNarinari.comのある二人の老夫婦のニュースに涙が出ました・・

素敵なご夫婦です。 ^^ こんな風に最後まで愛し合いたいなぁ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「会いに来てダーリン」夫の入院を知らない妻の“最後のラブレター”。

先日、間もなく寿命を迎えようとしていた87歳の英国人女性は、74年間愛し続けていた夫へ、病院のベッドから“最後のラブレター”を送った。「どうして会いに来てくれないの? ダーリン」。

英紙ブリストル・イブニングポストによると、夫のテッド・ウィリアムスさんと妻メアリーさんは、74年前に教会で出会ったという。15歳のテッドさんを好きになった13歳のメアリーさんは、当時異なる宗派間では結婚が認められなかったことから、テッドさんが信じるカトリックへ改宗。その後2人は順調に愛を育み、テッドさん21歳、メアリーさん19歳のときに結婚する。

以来、ブリストルの家で60年以上一緒に過ごしてきたウィリアムスさん夫妻。67歳の息子トニーさんによれば、2人はともに愛情あふれる人柄だったという。エンジニアをしていたテッドさんはそれなりの給料を稼いでいたそうだが、「そのほとんどは友人や、大切な家族のために使っていた」。「彼らは少しの贅沢も望んでなかった。ただお互い一緒にいれば幸せだったんだ」と、トニーさんは2人の結びつきの強さについて語っている。

40代で心臓を患ったテッドさんは、50代半ばにして早めに仕事を引退。それからは、2人仲良く幸せな時間を過ごし元気に暮らしていたが、そんな生活に変化が訪れたのは1年前のことだった。メアリーさんがアルツハイマー病を患い、介護が必要な生活を余儀なくされることに。そのときテッドさんは、「それは私の仕事だ。彼女を愛しているし、彼女といたいんだ」(英紙デイリー・エクスプレスより)と周囲に話し、1人でメアリーさんの世話を始めた。

しかし厳しい寒さが影響したのか、今年2月にメアリーさんは肺炎を起こしてブリストルのソウスミード病院に入院。テッドさんは、毎日メアリーさんの見舞いに訪れていたが、今度はテッドさんの心臓の状態が悪化し、同じブリストルのフレンチヘイ病院に入院することになった。

突然夫が顔を見せなくなり、寂しい気持ちになったメアリーさんは、その気持ちを手紙にする。「テッド、あなたに会いたい。どうして会いに来てくれないの? ダーリン」(英紙デイリー・メールより)とつづられた愛の手紙。それに気が付いたソウスミード病院はフレンチヘイ病院へ連絡を入れ、テッドさんをソウスミード病院に転院させ、メアリーさんの隣で看護したいと申し出たそうだ。

そして3月10日、テッドさんは無事にメアリーさんの隣に移り手を取り合うと、メアリーさんは安心したかのように、再会から3時間後、87年の生涯を閉じる。一方テッドさんもその3日後、メアリーさんの後を追うように90歳で人生を終えた。息子のトニーさんは、心遣いをしてくれた病院関係者に「とても感謝したい」(デイリー・メール紙より)と語り、3月25日には合同の葬儀で2人一緒の“旅立ち”を見送ったという。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-03-27 13:21 | Diary 日記

想像以上に何倍もすごく良かった! 劇団四季「ライオンキング」

懸賞 2010年 03月 22日 懸賞

(Japanese only)

初めて、劇団四季の「ライオンキング」を今日観に行きました!

親戚がチケット余っているので、いっしょにどう?と誘ってくれて、お言葉に甘えて、舞台にとても近い、良い席で観賞させていただきました♪

実は、「ライオンキング」、私、ぜーんぜん、期待していなかったんですね・・・

だけど、観に行ったら、

もう、それはそれは、

想像の何倍も何倍もすごくよかったです!!!

動物の身体のフォルムの表現のユニークさといい・・・
舞台の演出といい・・・

役者さんたちの表情と声と、身体の表現といい・・・

どれも本当に素晴らしかったです!

でも、その中でもとりわけ・・・・

私、主人公の「シンバ」というライオンの子ども時代”ヤング・シンバ”を演じた、男の子の演技に思わず始終釘付けになってしまいました!

すごく小さいんですよ。 小学校低学年かなと思うくらい細くて小さい子だったんですが・・・

声は遠くまで綺麗に響き通る、大きな声で、堂々としていて、表情が豊かで、踊りも歌もとっても上手で・・・
こころの底から・・・そして、全身で演じているというのが、とっても伝わってきて・・・
こんな小さい子が~・・ すごい~!!と、なんだかとっても感動してしまって・・
ずーっとその子ばかりに目が行ってしまって・・・
正直、ストーリー上、大きく成長して、青年に役者が変わった時、「え~、もうあの子の演技見れないのか~」とちょっぴり残念に思ったくらい。笑。 「もっとあの子の演技見ていたいよ~!」
(もちろん、青年シンバも体格のいい、イケメンにいさんで、演技とても素晴らしかったですけどね。^^)

一緒に観に行ったいとこや、はとことも、休憩中に「あの子、じょうずだよね~。 すごいよね~。 マイク使ってないよね? 全身で演じてたよね。」と話題になっていました。

本日出演していたのは、早矢仕優弥(はやしゆうや)くん。

なんと、ウェブで調べたら、おととい3/19が優弥くんの「ライオンキング」本番デビューだったんですって!!

え~!! デビューしたてには見えないくらい、天才的な“プロ”の演技でしたよ!!!

すごいですね。 彼は正式な年齢はわかりませんが、他のヤング・シンバ役の同期の男の子のブログから判断すると、10歳かもしくは早生まれでなければ11歳のようです。(2000年生まれもしくは1999年生まれ、ということ。)
(どなたか、ご存知でしたら、ぜひ教えてください~♪) ← 追記:教えてくださった皆さま、どうもありがとうございました♪

なんかね、わたくし、母の塾を手伝っていたこともあって、発表会に向けて、子どもの英語劇を指導担当したことがあるんですが・・・
もう、日本の子どもたちの「はずかしがりやな面」をよ~く知っているので、大きい声をなかなか出せないのも知っているし、表現だって、はずかしがって大きいそぶりをなかなかできないし・・を見てきたし、子どもに大きい声を出させたり、演技をしっかりさせたりする大変さも知っているので、なおさら、あの小さな男の子が、あんな大勢の前で、あそこまで美しく完ぺきにできるっていうのが、本当にすごいと思ったんですよね~。

女の子のライオン「ナラ」役のヤング・ナラの子もとてもかわいかった~♪ (伊藤優佳ちゃんでした。)

青年シンバの役者さんは、三雲肇(みくも はじめ)さんでした。
なんと、韓国出身の役者さん! 本名はジョ・サンウンさん。
なるほど~・・。 ああ、なんか、あの「さわやかさ」が、あれ、なんか、日本人男性とは違う?とちょっと思ったかも~。(日本人男性のさわやかさとは違うという意味ね) 最後、カーテンコールで手をつないでいた優弥くんの顔を笑顔でのぞきこんだり、お客さんへ笑顔で手を振ったり・・そのしぐさがなんだか印象的で、優しさが感じられました・・^^

あともうひとつ・・どうでもいいことかもしれないんですが・・ (なんか、メモしておきたくて・・笑)
演出で、個人的に感心したのは、水が干からびて行く様子を布とライトで表現したのが、とっても感動しました。 おお~・・すごいアイデア!と感激しちゃった・・。 客席に向かって30度くらい傾いた丸い床に、丸い水色の大きな布が敷かれていて、しばらくすると、どんどん中央が引き込まれて小さくなっていくんですが、小さな穴が床にあって、そこから(下から)布を引っ張っていたんですね~。 最初布だと思わなかったくらい、自然で、水のようにライトがキラキラ照らされていて・・・ うーん、さすが、良く考えたと感心しました。
(ごめーん、どうでもいいよね。笑)
舞台が立体的にいろいろな形に変化して、さすが、最近のミュージカルはすごい・・と思いました。

学生のときに、ニューヨークのブロードウェイで、友達と一緒に「CATS」(キャッツ)を観たことがありましたが、あれも、当時言葉がほとんどわからなかったのに、とても感動して、涙が出ました。 とても美しい素晴らしい舞台でした。 いい思い出です。

今回の劇団四季の「ライオンキング」も本当に素晴らしかったです。 観に行って良かった~!

コマーシャルで見る映像では、あの素晴らしさは伝わってこないかも・・・・

なんでしょう・・ 役者さんたちのオーラとエネルギーがじかに伝わってきましたね!
また生のオーケストラがいいのかなぁ。
照明も綺麗だった・・。 

「今」目の前で起きている!というリアル感・・・
関わる全ての人が「今」その瞬間に創り上げているという素晴らしさ
全身全霊をこめて発せられたエネルギー

それを肌で感じたからなのでしょうか・・

ワンシーンごとについつい拍手してしまいました。 (客席から歌い終わるごと・・ワンシーンごとに拍手が溢れていました。)

舞台の素晴らしさを改めて堪能させていただきました♪

「ライオンキング」、おススメです♪


← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-03-22 00:32 | Recommend おすすめ・好きな物

映画「シャーロック・ホームズ」

懸賞 2010年 03月 21日 懸賞

(Japanese only)

昨日、「シャーロック・ホームズ」(Sherlock Holmes)を観てきました♪

とても面白かったですよ!

映像表現が面白くて、ちょっと変わっていました。 スローモーションの表現方法が、アンジェリーナ・ジョリーが出ていた「ウォンテッド」に似ているかも・・・(← この映画はヴァイオレンス&結構エグかったので、はっきり言って好きじゃないんですけれども・・ でも、映像は確かに”新種”で珍しかったです。 内容も・・「なぜ・・・ウォンテッド・リストをそこから決めるのか・・・」と納得がいかないまま終わったけど。笑。)

「シャーロック・ホームズ」は、全体的に映像は暗く、気味悪いシーンもあって、ちょっと怖くもあり、結構ドキドキしながら観ました。
(小学生以下の子どもは観れないかも?)
でも、ユーモアもたくさんあって、結構面白くて、噴き出しながら観ました。

しかし、ホームズってもっと清潔なイメージがあるんだけど・・・笑。
原作でも部屋あんなに汚かったでしたっけ?? 笑

ワトソンくんも、私のイメージでは、ジュード・ロウではなかったけど、でも、ジュード・ロウのワトソンくんはかっこよかったですね。^^

追記: この映画は、原作のホームズ&ワトソンのイメージをかなり覆して創られたみたいですね。
「ジェントルマン・ホームズ」と、「どちらかというと三枚目テイストのワトソン」のイメージから、「ワイルド・ホームズ」と、「二枚目ワトソン」に仕上がっています。


続編あったら、見たいと思います。

「シャーロック・ホームズ」を生み出した人、本当にすごいですよね~・・ と改めて、原作者の才能に感心しました。 なんだか、全作読破したいと思いました。 (たぶん数話しか読んだことがなかったかも・・)

それから・・予告でやっていたのですが・・
ホームズ役のロバート・ダウニー・ジュニアの「アイアンマン 2」が6月11日に公開だそうで、こちらがとても楽しみです♪♪ アメリカン・コミックの映画にしては、結構迫力があって、面白かったので・・楽しみです。^^


← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-03-21 23:18 | Movies 映画

姫乃宮亜美先生 動物愛護チャリティートークの後日談

懸賞 2010年 03月 20日 懸賞

(Japanese only)

2009年7月に姫乃宮亜美先生とオーラソーマの武藤悦子先生のコラボの、動物愛護チャリティトークがあったのですが・・

その後日談として、武藤さんのサイトに亜美さんからのお話がご紹介されていましたので、紹介させていただきます♪

動物愛護チャリティートークの後日談

上のエッセイの前になりますが、

武藤さんの猫ちゃんの介護の様子のお話と、亡くなった動物たちへのケアについて、亜美さんからのアドバイスがこちらのエッセイに紹介されています。

亜美先生がそのチャリティ・トークでお話してくださった内容もかなり含まれています。

すべての命が癒されますように・・・


← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-03-20 12:13 | For the Earth 地球のために

映画「アバター」 AVATAR 5回目 モーション・キャプチャーの新技術

懸賞 2010年 03月 20日 懸賞

(Japanese only)

※モーション・キャプチャーの撮影風景の動画最後に貼り付けています♪

いや、もう、まったく勝手な自分の感想になってしまっているので、軽く流してください。笑。

もう、だいぶ前になってしまうのですが・・・ そう、2月の末くらいになります、映画「アバター」(AVATAR)を3D IMAXで友達と最後の見納めで観に行ってきました。

これで5回目です。 笑。

間をあけて観ると、また新鮮でいいですね~。

また、なんだろう・・その時の自分のライフスタイルと精神状態が、映画を観るときに、感じる部分がまた違うのも、面白いと思いました。

1月までは、スピリチュアル・ライフにどっぷり浸かって、アストラル・トラベル(幽体離脱して宇宙へ旅行すること)のトレーニングも頻繁に行っていたのですが、2月からは、就職活動のため、逆にどっぷりと、3次元の現実世界に浸かっていて、スピリチュアルなことからしばらく離れていました。

そうすると、精神状態も、5次元への意識・興味から、3次元への意識にシフトするのか、映画「アバター」もこれまで私が感動して泣いていたシーンや、アストラル・トラベルで観てきたものが出ているシーンよりも、「戦い」や「侵略」という部分にフォーカスされてしまって、胸がかなり痛み、ネイティブ・アメリカンがヨーロッパ人に侵略されたときのことがありありと想像できて・・
ああ、これが、弟夫婦たちが感じた部分なのかなぁと思ったり・・・(普段映画もあまり観ない弟夫婦たちには「アバター」はかなり辛い映画だったそうで・・ 特に「侵略」の部分が・・)
「映像はいいけど、話は別に真新しくないよね」、と評価した両親の気持ちもわからなくはないか・・と思ったり・・・ (いや、でも、私はやっぱり、「アバター」大好きなんです。)

確かに、「戦い」で反撃・解決しようとする部分をもっと「和合」・「愛」で解決するというのが描けたら最高なのかも・・とは1回目から思いましたけどね。 (でも強制侵略に対しては、「戦う」という選択は、ある意味、致し方ない感もあるけれどもね・・)

でも・・ 私の場合は、意識が、「戦い」・「侵略」の部分よりも、それよりも、いいサイドのメッセージに自然と強くフォーカスされていたので、「アバター」がとっても素晴らしい映画として入ってきてくれたんですよね。

ちょうど、去年の2009年、トム・ブラウン・ジュニアの「ヴィジョン」というインディアンの叡智が書かれた本に出会ったり、
守護ドラゴンとの出会いが去年の10月に実現して、一緒にドラゴン・ライドでアストラル・トラベルをしていたり、(映画上映中は、まさにドラゴン・ライド・トレーニングの真っ最中でした)
魂が肉体から肉体へ転生する間に休息するといわれている、北欧神話の「世界樹」のことも去年初めて知ったり・・
3次元では見えない浮島にも去年の夏にアストラル・トラベルで訪問したりしていたので・・。

ドラゴン・ナヴィ族の生き方=インディアンの生き方(自然との調和)・見えない世界のこと・本当にあると言われている浮島のこと・世界樹・・・ これらのことが、映画「アバター」にすべてちりばめられていて、私にとっては、2009年の集大成のような映画でしたから・・・
また、肉体からアストラル体だけ抜けてトラベルして、異次元の世界を体験して、また肉体へ戻ってくる感覚が、「アバター」の、ジェイクをはじめとした人間たちがナヴィというアバターに意識を転換させたり戻ったりする感覚が非常に似ていて、ツボにハマったのですね~。笑。

また、前回までの感想にも書いたかと思うのですが、あの、「アバター」の中にときどき出てくる、空の風景・・ 惑星や衛星がいくつか空に浮かんでいるのが見える景色がときどきありますが、あの景色がなんだか、「懐かしい」感覚になるんですね~。
「アバター」は他の惑星での記憶が呼び起こされそうなそんな感じにもなりました。
私にとっては、「アバター」はタイミングが本当に良すぎたというか・・ 私の中で起こっているすべてのことにばっちりシンクロした映画だったんですね~。
実は他のドラゴン・ライドのトレーニングを一緒にしていた人たちも同じように、「アバター」に夢中になり、結構、3回観に行く人とか多かったです。

でも、一緒に観に行ってくれた親友2人は、アストラル・トラベルをしているわけでもなかったし、上記のことほとんど知らなかったにも関わらず、私と同様に「ものすごくいいね!」と興奮して、その後もう1~2回ずつ彼女たちと観に行きました。 いろんな感じ方があるのだなぁと思いました。

というより、映画って、本当に「タイミング」と「波長」があるなぁと思いました。

あ、これ観てみたいな~、興味があるという映画というのは、
そのときの精神状態にぴったりな映画だったり・・

また、ものすごく感動したり、元気をもらったり、メッセージを受け取ったりする映画というのも、そのときの精神状態にぴったり合った映画なんでしょうね。

例えば、ある人が、「いままで観たなかで、私にとって最高かも!」と日記に書いたとしても、自分にとっては、うーん、まあまあいい映画だっただけど、べつに「最高の映画」というほどでは・・?と思ったり・・
でもよくよく考えると、その最高!と評価した人の近況や精神状態と、その映画が届けているメッセージはとてもマッチしていたりする。 ああ、その人にとっては、最高に元気をもらった映画なんだなぁと思ったり。

不思議ですね。^^

というわけで、5回目の「アバター」・・ 違う観点から楽しむことができましたが、でも、やっぱり! また泣きました。 ドラゴン・ライドのところです。 笑。

あそうそう、ドラゴンとの絆を結ぶときって、強制的にではなくて、もっとこう・・なんていうか、インスピレーションで、以心伝心で、「運命を感じて」絆を結ぶものだと思いますね。^^
(これは、姫乃宮亜美先生もおっしゃっていました。 絆を結ぶというのは、強制ではなくて自然なもの・・と。)
そこは確かに誤解されたくないなぁと思いました。

そして、また「魂の木」のエイワで皆で祈りを捧げるところ・・ えーとネタばれになるといけないので、詳しく書けないんですが・・ 2回目(一番最後)じゃなくて、1回目の方です。

感想が長くなりましたが・・・

最後に、ナヴィたちのモーション・キャプチャーの撮影風景が収録された動画を発見したので、紹介します♪

おお、こんな風にして撮影されたのね♪と感慨深くなりました。 ↓

映画「アバター」のモーション・キャプチャー

ナヴィの動きや表情は、俳優さんたちの演技そのものというのが、本当にこれでよくわかります。

初回の感想
2回目&3回目の感想
4回目の感想


← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-03-20 11:51 | Movies 映画

誕生月占い in Mixi

懸賞 2010年 03月 20日 懸賞

(Japanese only)

ちょっといろいろバタバタしていて、日記の更新が遅れています。 すみません・・・

☆誕生曜日占い(http://mixi.jp/run_appli.pl?id=12205)

マイミクさんが誕生月占いをやっていて、おもしろそうだったので、
私もやってみました♪

****************************************************************

【誕生曜日占い】私は『新緑(しんりょく)』属性でした!

≪新緑(しんりょく)属性の方の秀でた能力≫

新しいものに挑戦するチャレンジ精神と、それを表現として生み出す優れた集中力を持っています。
個性の強い役者やアーティスト、パフォーマーなどに多い属性のようです。
時代の波に乗ると非常に大きな成功をつかむことができますが、波からずれると時代遅れや空気の読めない人になってしまう可能性もあるため、流れを感じ取るアンテナには常に気を配る必要があるかもしれません。


≪新緑(しんりょく)属性の方の恋愛観≫

遊びと本気をわりきっており、本気の恋ではあまり派手さを好まず、おしとやかな恋愛を楽しみたい人が多い傾向にあるようです。
しかし、相手に倦怠感と感じさせないよう、時にはロマンチックな演出や変わった趣向をこらしてみることも必要かもしれません。


≪新緑(しんりょく)属性と相性のいい属性≫

◎特徴や性格を理解し的確なアドバイスをくれる「草原(そうげん)」属性の方
◎たくさんの経験やアイデアでサポートしてくれる「白金(しろがね)」属性の方

****************************************************************

「遊びと本気をわりきっており」・・・って・・・ わたくし、そんな器用では決してないんですけどね・・・笑。
いつでも真剣になってしまいますから、無理です。 笑。
それに、基本、ロマンチックなこと大好きだから、そのへんは心配ないような気がするんだけどなぁ・・?
結婚しても、週一は必ず素敵な場所でデートしたいと思っているし。笑。 いつまでもおばあさまになってもオシャレしていたいし。^^

「個性の強い役者やアーティスト、パフォーマーなどに多い属性のようです。」
ほうほう。 アーティストとして成功を夢見ていますから、これは嬉しいです♪ ^^ 個性が強い・・か・・

「時代の波に乗ると非常に大きな成功をつかむことができますが、波からずれると時代遅れや空気の読めない人になってしまう可能性もあるため、流れを感じ取るアンテナには常に気を配る必要があるかもしれません。」
これにはウケました。 空気が読めない人って・・・笑。
さて、気をつけねば。

うーん、当たっているかどうかっていうのはいまいちよくわからないかも・・・

でも・・なんだろう・・・ スピリチュアル関係の流れには敏感かも??? あ、これは「きっと本物だ」とか、そういうものがなんとなくわかるというか・・・ 入ってくる情報も早い方じゃないかなぁ・・と感じます。

自慢ではありませんが、「流行語」にはとーっても疎いです。 若者が使っている、いろんな省略語とかね・・
でも、気にしていない・・。 なるべくまっとうな日本語を話し・・書き・・を心がけようかと・・ ここでも、例えば、他の国の方が、WEB翻訳機で訳して読むときに、やっぱりまともな日本語の方が、まだちゃんと訳せる思いますしね~・・・。

余談でした。 ^^

今、平日昼間の14時からやっている韓国ドラマ「華麗なる遺産」にハマっています。^^ 面白いです!(フジテレビ)
今週の火曜日あたりに、何の気もなしに、ただ、ご飯食べながら、見始めたら、すごく面白くて・・以来欠かさず見ています・・ 見始めたのが、すでに中盤だったので、ネットで、これまでの物語のあらすじを読んだりしました。
そしたら、大好きな大親友と久しぶりに今日会ったら、彼女もハマっているらしくて・・ 彼女から「今さ~、14時からやっている韓国ドラマにハマってて・・」と突然話しだして、「あ!『華麗なる遺産』でしょ! あれ、ハマるよね!」と相槌打ちました。笑。


← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-03-20 01:34 | Diary 日記

今週土曜日14:00~ 姫乃宮亜美さんの講演 in 群馬

懸賞 2010年 03月 10日 懸賞

(Japanese only)

いよいよ今週土曜日(3/13)、姫乃宮亜美さんの講演が開催されます♪
姫乃宮亜美さんは私の尊敬するスピリチュアルな先輩であり先生です♪

亜美さんは、行間から、キラキラオーラが零(こぼ)れ落ちてくるような、素敵な文章を書き、そして、一声一声から、聖母のような美しい光のバイブレーションが響き渡るような話し方をされます。

お近くにお住まいの方、もしくはご興味のある方、群馬での開催は、年に一度のチャンスですので、ぜひどうぞ♪

※亜美さんは、「MISTY(ミスティ)」に毎月連載執筆されています。 他にもたくさんの著書を書かれています。 → 姫乃宮亜美さん 著書

3/13(土) 群馬県前橋市「群馬会館 1F 大広間」にて行います。 (※前回までと会場が異なります。 ご注意ください。)

f0186787_12344414.jpg


姫乃宮亜美

「グレースファウンテントーク会
~ 聖なる母性の夢空間 ~」


永遠の世界から降り注ぐ優しい光のシャワーと共に、心から心、
いのちからいのちに幸福の波を広げるあたたかい言葉の宇宙を、
あなたの優しいおもとにお届けさせていただきます。
           聖なる母性より 愛と幸運をこめて。


日 時   2010年3月13日(土)
      PM 2:00 ~ 4:00
     ( 開場受付 1 : 30 )

会 場   群馬会館  1階 大広間
     (群馬県前橋市:群馬県庁 向かい
      前回までと会場が異なりますのでご注意下さい)

参 加 費   前売 5,000円 / 当日 6,000円 

★お申し込みについて

参加をご希望の方は、
主催者村松のメールアドレス宛てに、下記の3点をご明記の上、ご送付ください。
お問い合わせもこちらにて承ります。
※ 名簿確認のため、前売り券の予約は、3/12(金)正午までとさせていただきます。

主催者 村松 e-mail:muramatsugoodall@kfd.biglobe.ne.jp

◇「姫乃宮亜美先生・グレースファウンテントーク会」申し込み
◇参加される方のお名前
◇ご連絡先


地球が愛と優しさがあふれるエネルギーで満たされますように・・

姫乃宮亜美 オフィシャルサイト

姫乃宮亜美さん プロフィール
幼いころより霊的感性に優れ、1986年 すべての女神意識の源泉である聖なる母性(聖母意識)との 魂のふれあいが訪れる。以来、誰もの中に優しさという あたたかな神性が宿されていることに目覚め女神の愛の光である 天の母性のメッセンジャーとして活躍。
あたたかい いのちのひびきに調和する 本来の優しい生き方を 様々な角度から広く伝えながら  世界の隅々まで愛と幸福が広がってゆく事を祈り続けている。
魂を癒し、あたたかい光を注ぐトーク会は グレースファウンテントーク会とよばれ、東京を中心に 全国各地で開催されている。


← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-03-10 13:15 | Recommend おすすめ・好きな物

え~?! す、す、すごいパフォーマンス!- ロシア女性三人によるダンス

懸賞 2010年 03月 10日 懸賞

(Japanese only)

たまたま見つけた動画なのですが、すごいの! ↓

人間って、どこまでできてしまうんだろう・・・
あれよあれよという間に、どんどんありえない体勢をこなしていく彼女たち・・・
最初の方の、1:45くらいからのポーズも「ありえな~い!」とすごいけど、
最後の4:30くらいからのポーズなんて・・・思わず「え~!?」と叫んでしまった。笑





← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-03-10 12:03 | Recommend おすすめ・好きな物

裏ブログ: アバンダンティアと光の存在たちが教えてくれたこと & 上にある私のアトリエ?

懸賞 2010年 03月 09日 懸賞

(Japanese only)

■□■□■□■□ 裏ブログ「Anela's Spiritual Diary」に記事をアップしました♪ ↓ ■□■□■□■□

★ アバンダンティアと光の存在たちが教えてくれたこと その1
★ アバンダンティアと光の存在たちが教えてくれたこと その2
★ 上にある私のアトリエ?

※携帯の方・・ もしリンクへ飛ばないようでしたら・・ 「http://naomianela.exblog.jp/」をコピペしてダイレクトで飛んでみてください。 お手数おかけいたします。


← あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-03-09 20:55 | 2nd Blog Info 裏ブログ情報

なにみえ関連: アチューメント - レインボー・エナジー・フレーム

懸賞 2010年 03月 06日 懸賞

(Japanese only)

■□■□■□■□ 裏ブログ「Anela's Spiritual Diary」に記事をアップしました♪ ↓ ■□■□■□■□

※ なにみえ関連の記事です。
★ アチューメント - レインボー・エナジー・フレーム

裏ブログ「Anela's Spiritual Diary」について
このAnela's Spiritual Diaryは、Naomi Angelの身に起こった、スピリチュアルなこと、不思議なことをつづっています。
「なにが見えてる?」という大人気のブログが主催した第四回なにみえ遠足に当選し、そこで、永遠のパートナーとなった素晴らしいドラゴンに出会い、2009年11月~2010年1月まで不思議なアストラル・トラベルが繰り広げられました。 (遠足の募集は2010年の2月に終了。) (「なにが見えてる?」ブログは書籍にもなりました!)
そのほか、天使やマスターたちとの対話など・・ ちょっと信じがたい、人前では話しにくい?お話がつづられています。
こちらはあくまでも私の記録であって、科学的に証明するものではありません・・。

※携帯の方・・ もしリンクへ飛ばないようでしたら・・ 「http://naomianela.exblog.jp/」をコピペしてダイレクトで飛んでみてください。 お手数おかけいたします。


← あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-03-06 19:41 | 2nd Blog Info 裏ブログ情報

懸賞