人気ブログランキング |

絵を描き始めたきっかけ

懸賞 2008年 09月 10日 懸賞

(Japanese only)
今日も私のブログをご訪問していただきまして、本当にありがとうございます♪

今日は少し、「絵を描き始めたきっかけ」について書いてみたいと思います。

正確にいうと、「スピリチュアル・イラストを描こうと思ったきっかけ」・・でしょうか・・

もう少したくさん書いてから打ち明けようかとも思ったのですが・・・
まあ、ある意味、これが「Naomi Angel」だし、早くても別に大丈夫かな・・・と思い、書くことにしました。

これから読んでいただくことは、中には理解できない方もいらっしゃるかもしれません。 でも、無理に信じる必要はありませんので、どうぞ気楽に読んでくださいね。
私は、実は物や人のエネルギーを感じ取ることができるところがあります。
江原さんや美輪さんみたいに、すごい力があって、いつでもはっきり「わかる」というわけではないのですが・・・
天然石の発するエネルギーや、人がどんなこころでいるか(ネガティブでいるのか、ポジティブでいるのか)エネルギーを感じ取ることができるのです。

人の場合でしたら、悲しみや怒りをもっている人のそばにいくと、チクチクと痛いエネルギーが私の体に刺さってくるか、重々しいエネルギーが肌に響いてきます。
でも、心がとても優しくて、人に対する気持ちが丁寧な人のところにいくと、その人からサワサワサワ~となんとも心地よい美しいエネルギーが私の体を通っていくのです。

こんな力が芽生えたのは約12年前です。

どうしてこんな力が芽生えたのか・・

どうやら、難聴で生まれた代わりに感覚神経(もしくは第六感)が発達したようです。

実は、私は生まれつき難聴で、耳に補聴器をつけています。
補聴器をつければ、日常のコミュニケーションにほとんど支障がないのですが、小さめな声や、電話では聞き取りにくく、よく聞き返します。
ひそひそ声は聞き取れないので、紙に書いてもらったりします。

こどものころは本当にいろんな面で苦労しました。
言葉を覚えるのも人より遅かったでしたし、発音も変で、かなり改善されつつも、いまだに、「き」と「ち」、「じ」と「ぎ」が言い分けられないし、聞き分けられません。

精神的な苦痛もたくさんありました。
(でも、それがあったから今のNaomi Angelがいて、人格形成にプラスの経験になりましたけどね♪006.gif

でも・・・
耳が悪くても、そのほかの才能で補おうと私なりにできるかぎりがんばってきました。
勉強をがんばったり・・スポーツをがんばったり・・

仕事場でも、「耳が悪くて、何度か聞き返したり、呼ばれても振り向かない時があるかもしれませんが、決して無視しているわけではないので、誤解しないでくださいね。 その辺はご迷惑おかけしますが、その代わり、そのほかの面で私のできることで、一生懸命がんばりますのでよろしくお願いします。」と上司に告げて仕事をこなしてきました。

とはいえ難聴のおかげで得したこともあります。001.gif

耳が健常である妹が、私に「嫌なこと、悪口は聞かなくて済むようになっていてうらやましい」と言ったことがありました。
確かにそうかもしれません。(笑)

そんなわけで、外界の余計な情報は遮断して、その代わりに気がつかないうちに、感覚が研ぎ澄まされ、感覚神経やものを細かく見る力が自然に発達していったようです。

そして、12年前にその力が一気に開花し、街中のあらゆるエネルギーを感じ取りすぎてしまって、外に出られなくなってしまうくらいにひどい状態になってしまったことがありました。

初めてのことだったので、どう対処すればいいのかわからず、家族をはじめとして、いろんな人に助けていただき、1ヶ月くらいしてようやく普通に外に出られるようになり、一人で生活できるようになりました。
そして、その後、スピリチュアルな力のある方にアドバイスをいただいたりしながら、そのコントロール法がわかるようになってきました。

数年が経ち・・・

まだ未熟ですが、
だんだん第六感(エネルギーを感じる力だけでなく他の力も・・)が正確に、強くなっていくのを感じています。

この先私はいったいどうなるのでしょう?? (笑)

でも、難聴で生まれたということは、そして、こんなにもスピリチュアルな世界にご縁があるのは、その力(第六感)を生かす道へ導かれているのかなぁと思ったりします。 そのほうがつじつまが合います。

続きはその2へ。

素敵な夜をお過ごしください♪
明日もあなたにとって楽しいキラキラした素晴らしい一日でありますように♪

by naomiangel | 2008-09-10 21:51 | About Naomi Angel

<< 絵を描き始めたきっかけ その2 懸賞 Guardian Angel ... >>