ダメな人間などいません、ダメな指導者がいるだけなのです

懸賞 2015年 12月 05日 懸賞

(Japanese only)

いつもご訪問ありがとうございます♪ ブログランキングに、1日1回クリックよろしくお願いします♪
→ 人気ブログランキング
あなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪
f0186787_156221.jpg


遅ればせながら、12月1日にやっと念願の『ビリギャル』が観れました!

このタイミングに不思議なシンクロがありまして・・・
11月29日に、沖縄武道館で行われた、空手のプレミアリーグ、世界大会に行きまして、その帰り、バスまで時間がありすぎたので、リウボウデパートに初めて行きまして、そこで時間をつぶしていました。
そしたら、なんと、11月30日に、『ビリギャル』の主人公のモデルになったご本人、小林さやかさんが、そのリウボウデパートでトークショーを行ったらしいんです!
→ 夢達成、言葉に出して ビリギャル小林さんトーク
それを知らずに、12月1日に『ビリギャル』を観ました。
なんというタイミング!

『ビリギャル』すんごく感動しました~!! いろんなシーンで涙が出てしまいました・・・
家族とのかかわり、塾の先生とのかかわり、友達の応援、父親との葛藤、母親の無償の応援、信頼、主人公の受験生としての葛藤、自分のアイデンティティとの向き合い、もうぎゅっとつまったいい作品。(というか実話ですもんね。すごいですよね)

まだご覧になっていない方、ぜひ観てみてくださいね!

原作の「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」なかみ検索のところを少し読んだら、本当に映画に登場するエピソードが原作に忠実に作られているみたいで、原作を読みたくなりました。

ところがところが・・・この原作について、
アマゾン批評やネットで、1年で偏差値30から40上げて慶応大学現役合格できるなんて、ありえない、この本は詐欺だとか、もともとできる子だったんだ、私立で偏差値30と全国で30はレベルが違う、とかいいながら評価を低くつけている人がいる状況を見て、なんだか滑稽に思えてきました。 信じてないんだなぁ。 経験してないからそういうんだろうなと思いました。

これは本当にあり得る話です。

私も早稲田大学受験する直前の模試まで合格判定Eでしたから(ABCDEの五段階の最低評価)担任の先生にも志望大学変えたほうがとか、滑り止めを受けておいたほうがとか、心配されましたが、そんな私が高校3年生の夏休みから猛勉強して現役合格できました。 現役で受かるやり方があるのです。

そして、弟が経営する開華塾でもどんどん成績が伸び、全国模試で偏差値80越えの生徒が続出している事実もみていますし、

私自身、英語塾で小学生中学生の生徒を教えていたとき、学年で落ちこぼれだった子の可能性を信じて、褒めて、褒めて、導いたら、英検に通常の学年が受ける学年よりも1年や2年早く合格できたり、数年後志望大学に合格したりを見てきています。

そして、もう一人の弟も、中学三年の春の時点で、田舎の公立中学校で、偏差値30.9だったのが、一年かけて勉強して、なんと偏差値74の早稲田高等学院に一発合格しました。
今でも覚えています。
弟がこれから中3になるというとき、すでに私は大学で、その当時付き合っていた彼氏が偶然早稲田高等学院卒業の子でした。
弟が「俺、学院行きたいんだけど、いけるかなぁ?」と聞いてきたので、彼氏に聞いたら「一年あれば十分。ただしその代わり、いい塾に行ったほうがいい。」と力強いアドバイスをくれたので、それを弟に伝えると、弟は、親に頼んで、ある有名な良い塾校へ通い、見事学院合格を果たしました。 高校一年から上京して、学院へ通いました。

確かに原作の主人公のさやかちゃんが高2の時点で、小学4年生レベルだったとしたら1年半は必要だったと思います。半年では足りないかも。
でも、本気になれば、1年半で追いつくんです。

無理でしょと決めつけるのはもったいない。

しいていえば、『無理』にしているのは、その子を『ダメだ、できるわけがない』と決めつける、親であったり、先生であったりします。

坪田先生が、「ダメな人間などいません、ダメな指導者がいるだけなのです」と映画でもおっしゃいますが、
本当にその通りです。
みんな可能性を秘めているのです。

余談ですが、
私も、合格判定ずっとEだったし、11月のころには、もう自信はないし、早大でよくないニュース(なんだったかもう忘れてしまいましたが(笑))もあり、本当に早大受験をあきらめようかと思っていたときに、父に早稲田大学を観に行ってこいと言われて、ちょうど文化祭が終わった直後の早稲田のキャンパスを訪れ、学生たちのキラキラといきいきとした顔、自信に溢れたオーラに触れるうちに、やっぱりここの学生になりたい!!って思いなおして、また帰ってから真剣に受験勉強の追い込みに入りました。

なので、映画の中のさやかちゃんがスランプに陥ったときに、慶応大学を見学したときのシーンでは、その時の自分と重なりました。

この作品はお勧めです。
そして、私自身も経験しているし、私の周りでも奇跡が起きているのを目の当たりにしているので、
斜めに見てはいけない作品です。

■ お知らせ ■
Naomi Angel’s Shopで、素敵なスマートフォンカバー販売中!(Android, iPhoneなどいろんな型のケースがあります☆)
f0186787_17185075.jpgf0186787_17195157.jpgf0186787_22574181.jpgf0186787_16325915.jpgf0186787_16313816.jpgf0186787_2321241.jpgf0186787_234915.jpgf0186787_2353216.jpgf0186787_236157.jpgf0186787_1259444.jpgf0186787_1305784.jpgf0186787_1251465.jpg

Naomi AngelのかわいいLINEスタンプがぞくぞくリリース!
インドで1位、アメリカで14位にランクイン!(Ranked in No.1 in India, No.14 in USA)
Naomi AngelのLINEスタンプ 一覧 (Naomi Angel's LINE Stickers List)
f0186787_22144544.jpgf0186787_22151439.jpgf0186787_2216948.jpgf0186787_22153482.jpgf0186787_2216235.jpgf0186787_2217494.jpgf0186787_22164341.jpgf0186787_2075543.jpgf0186787_2093490.jpgf0186787_2314484.jpgf0186787_21284425.jpg

非売品だったNaomi Angelの原画を特別に販売スタート!
【第1弾】 Naomi Angelの原画販売
【第2弾】 Naomi Angelの原画販売
非売品だったNaomi Angelの原画を特別に販売スタート!
【第1弾】 Naomi Angelの原画販売
【第2弾】 Naomi Angelの原画販売

魂のしくみ by Naomi Angel ← 大好評中の連載
人はなぜ生まれてきているのか、そしてどこへ向かっているのか、人生で直面する問題に隠されたメッセージ、自分の住む世界が幸せになる方法、エネルギーの法則、など、Naomi Angel自身の体験と見聞による、魂のしくみのお話です。

■ Naomi Angel の図書館 宇宙の教科書■
Naomi Angel's Library おすすめの本♪ その1
Naomi Angel's Library おすすめの本♪ その2
Naomi Angel's Library おすすめの本♪ その3

■ Naomi Angel's Site Links ■
Naomi Angel オフィシャルサイト Naomi Angel's Official WebSite
Naomi Angel アートオンラインショップ Naomi Angel's Art Online Shop
Naomi Angel イベント情報 Naomi Angel's Event Info
Naomi Angel オフィシャルフェイスブック Naomi Angel's Official Facebook

■ Naomi Angel's Twitter ■
日本語 Twitter アカウント @NaomiAngel7 (Only Japanese Language 日本語のみ)
English Twitter Account @NaomiAngel777 (Only English Language 英語のみ)
[PR]

by naomiangel | 2015-12-05 07:07 | Happiness-Law 幸せの法則

<< 神の島 懸賞 世界チャンピオン >>