人気ブログランキング |

映画「コクリコ坂から」

懸賞 2011年 08月 27日 懸賞

(Japanese only)

「魂のしくみ」シリーズ まだの方は、ぜひ読んでみて下さいね♪ 今宇宙があなたに、知ってもらいたいメッセージです。 必要な方に届きますように。

いつもご訪問ありがとうございます♪
ブログランキングに、1日1回クリックよろしくお願いします♪ ↓

映画「コクリコ坂から」_f0186787_1541487.jpgあなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪


「コクリコ坂から」を一人で観てきました~~ (やっと観れた・・)

すごいよかった・・

描かれていた時代は、母たちの子ども時代と同じなので、きっと、母の年代たちには、とても懐かしい情景ばかりじゃないかなぁ。

私も、小学校低学年のとき、学校に、あの印刷機あった!となんか懐かしくなってしまった。 ← アハハ、年代バレバレ?
学級新聞とか、同じように半透明のシートに文字を書いて、ローラーで黒インクをつけて印刷していた。
(子どものころのみならず、今でも振り返ると思うけど、あれで、よく文字が刷れるような~・・ どういう仕組みなんだろう・・って思う。)

なぜだろう? 夢できっと見たのかな、あの旧校舎の「カルチェラタン」の作り、見覚えがあるというか、とても懐かしい。 (汚さは別よ、見おぼえがあるというその建物はふつうに綺麗で古めかしかった。)
どこで見たんだろう?

ジブリの映画って、やっぱり素晴らしいなぁと思う。
観終わった後、ほんわり、心が静かに・・・癒されるかんじ。 心に「ふるさと」が戻るかんじ。

その「ふるさと」ってなにも、自分の故郷のことじゃなくて、本来、こころが戻るべき、平穏、安らぎ、温かさ、静けさ、そこに戻る、という感覚。

「コクリコ坂から」は、なんかそんな感じだった。

いや・・ 具体的にどの部分が・・っていうと、具体的には説明しにくくて・・

人々の純真さ、質素なかんじ、思いやり、礼儀正しさ、まだ緑のこる昔の風景、そういうところなどが、総合的にそう思うのだろう。 素直に「ありがとう」というところとか・・
メルがまだ高校生なのに、お母さん代わりをこなすほどしっかりしているところとか・・・
(そう、母たちが高校生のころは、もう、今の20代後半と同じくらいじゃないかと思うほど、大人っぽい考え方をしていて自立していた人が多いなぁと話をきいてて思っていたので・・)

初恋の感覚が、なんか、とてもよく描かれていて、感情移入してしまいました。

でもね・・ やっぱり、難聴なので、字幕じゃないと、かんじんなところが聴き取れなくて ^^;

ありゃ? 結局なに? どういうこと? とわからなくて・・

帰ってきてから、詳しいネタばれの情報をネットで検索して、おお、なるほど、そういうことだったのか~。と再度余韻にひたっておりました。 笑

「コクリコ坂から」おススメです♪


そうそう、5年に一度の法案改正(動物取扱業の法案)への意見投稿は8/27(土)まですので、ご覧くださいね~。

私も先ほど、自分の意見と理由を書いて出しました。

すべての生命が幸せになりますように。


映画「コクリコ坂から」_f0186787_1541487.jpgあなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪


■ Naomi Angel's Site Links ■
Naomi Angel オフィシャルサイト Naomi Angel's Official WebSite
Naomi Angel アートオンラインショップ Naomi Angel's Art Online Shop
Naomi Angel イベント情報 Naomi Angel's Event Info

■ Naomi Angel's Twitter ■
日本語 Twitter アカウント @NaomiAngel7 (Only Japanese Language 日本語のみ)
English Twitter Account @NaomiAngel777 (Only English Language 英語のみ)

by naomiangel | 2011-08-27 00:52 | Movies 映画

<< モンゴルの少年たち-とても心や... 懸賞 法案改正5年に一度のチャンス!... >>