人気ブログランキング |

「星の王子さま」というサイン & モンゴル草原王子 Uudam(ウーダム) その1

懸賞 2011年 08月 18日 懸賞

(Japanese and a little English comment)

「魂のしくみ」シリーズ まだの方は、ぜひ読んでみて下さいね♪ 今宇宙があなたに、知ってもらいたいメッセージです。 必要な方に届きますように。

いつもご訪問ありがとうございます♪
ブログランキングに、1日1回クリックよろしくお願いします♪ ↓

f0186787_1541487.jpgあなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪


ここんところほぼ毎日Uudam(ウーダム)のことを書いていますが・・ 笑

夢中になって聴き比べをしたせいか?
ここ2、3日は、夜寝るときも、実は、頭の中は"Mother in the Dream"の曲が、Uudamの声と、時々、Baatorの声で交互に響きっぱなしで、なかなか寝付けませんでした・・・ 笑

そ、そろそろ、Calm downしなきゃ・・ 笑

とはいえ・・ 不思議だなぁと思うのは、
ここでも書いたけど、初めてUudamの動画を、台湾の友達に紹介してもらったときに、引っ越しの荷物を解いて整理していたら、ちょうど、星の王子さまのノートが出てきて・・・
f0186787_21261154.jpg


そう、著者サン=テグジュペリが描いたといわれる、あの絵が表紙になっているんですね。
f0186787_135022100.jpg

インナーの挿絵は、これ
f0186787_13512657.jpg

もう動画を見てくださった方はお分かりになるでしょうが、2枚目のイラストの方は、本当、Uudamの格好とかぶりますよね。 笑 胸の飾りと白い服とロングブーツと太いベルト。 (もう、マント脱いで髪黒かったら、完全におそろいでしょ? 笑)

ね? 笑 ↓
f0186787_19244211.jpg

f0186787_19252074.jpg

ここでも書いたのですが、
China Got Talentの審査員が、Uudamが歌うのを聴いて、

『まるで昔みた漫画の王子(=星の王子さま)を見ているような気がした・・悲しい出来事があった場所で、君のような王子が歌を歌うと、その場所が緑に変わるんだ。 君のそのインクのようにね。 そして皆がとても幸せになるんだ。 それが、私が君のパフォーマンスで思ったことです。 会場の人たちもそう感じただろうと私は確信している。』

とコメントしたのですが・・

(審査員の「将来の夢は?」という質問に対して、彼は、ある特殊なインクを発明したいと言っていて、それを地面に垂らすと、一面が緑で覆われるインクで、世界を緑に変えたい、という、とても可愛い素晴らしい夢を持っています。)

このタイミングで、「星の王子さま」のノートが出てくるなんて、ちょっと不思議~と思っていたんですが・・

それは、よくコラボをさせていただいている、クリスタルボウルサウンドヒーラーのKARENさんから、確か、去年の誕生日祝いに、といただいたもので・・
そう、ノートって、意外に使わないんですよね、ずーっと使わずに、1年以上も棚にしまいこんでいたのに、引っ越しして、荷物から取り出したのが、ちょうどUudamの動画を友達から紹介してもらった日かその翌日あたりで・・その直後に英語のサブタイトルで、審査員が「まるで星の王子さまみたいだ」と評価したというのがわかったのですが・・

あまり深く考えずにいたんですが・・ たぶん、「サイン」だったんだなぁって今では思います。

吹き替えられている、という話を知って・・まさか・・!と思い、聴き比べてみたら・・もとの本当の声のほうが、ああ、なるほど、こっちのほうが、『星の王子さま』っぽい・・と思ったんですよね。

それに気づかせるためのサインだったんだなぁって思ったのでした。 容姿だけじゃなく、声も、優しい歌声が星の王子さまのようだ、とそういうことだったんだなぁ・・・って。 私にそれを気づかせてくれるためのサインだったんだなぁって。 (他の人から見たら、それをそういう風に結び付けるのも大げさかもしれないけど、笑、私には直感でそう感じられたのです。)

紹介してくれた台湾の親友にも、本当の声といわれているほうの動画を知らせたら、「His original video is much better than this one ! How come ??」(彼のオリジナルビデオのほうがこれ<放送バージョン=吹き替え>よりも全然いい! どうして??)とびっくりしていました。

なんか、これから、星の王子さまの絵をみたら、イコールUudam(ウーダム)を必ず思い浮かべそうだな・・笑

f0186787_19351133.jpg

本当に彼は、世界にとって、人々にとって、星の王子さまのように、みんなを癒し、素敵な「気づき」を与える存在になっていくのかもしれない。^^

(ここから先は、まったくの余談なんですが。↓)

とはいっても・・・ 私、「星の王子さま」の本をちゃんと読んだことがなくてですね、笑、私も幼いころ、アニメで見たことがあるのですが、最後どうなったかを知らなかったのです。
それもそのはず、Wikipediaで見ると、全39話のうち、35話までの放送だったというから、たぶん結末は放送されなかったのかもしれません。 それに、原作にないアニメオリジナルのエピソードが多かったようです。 というか、あまりに幼かったので、王子とバラの妖精がかわいいと思いながら見ていた記憶だけしか残っていなくて・・話の内容は理解していなかったのだと思う。笑

このアニメですね。 懐かしい。(年代バレバレかしら。笑)
f0186787_13515053.jpg
これまた余談ですが、私、どういうわけか、こういう髪型の男の子、大好きなのよね・・笑 009(ゼロゼロナイン)もそう。 自分が子どものときに作った物語の主人公(ボーイソプラノ)のアースもそうだしね。

んでまあ・・ あらすじと結末をネットで読むと・・ そりゃあ、あれを子どもに見せたら・・・ ちょっとねえ・・ (でも、非常にスピリチュアルですけれどね・・・ きっと大人になってから受け入れられる内容じゃないかなぁ。)

翻訳者によっても、原作の印象や雰囲気が違うらしいですね。 ネットでも、同じスペイン語や英語でも、訳者によって言い回しが違うと言っておられる人もいました。

中国でも、きっとさまざまな言い回しで訳されたのかも?

訳者の人生観や、価値観、経験値によっても、そして、「真理」をどれくらい知っているか・・(いわゆる、精神世界、魂のしくみだとか・・スピリチュアルな世界のこと)によっても、原作の読み取り方、そして、それを訳す時に表現の仕方が違うでしょうね。
以前山川ご夫妻にお会いしたときに、スピリチュアルな本は、スピリチュアルな世界を信じていて、知っている人じゃないと、訳せない、とおっしゃっていましたしね・・。

今度時間があるときに、本を読んでみたいな、と思います。

※ その2へ続きます! ※

「魂のしくみ」シリーズをもっとたくさんの方々に読んでいただけるよう、皆様にブログランキングのクリックしていただけましたら、幸いです!
よろしくお願いします♪

f0186787_1541487.jpgあなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪


■ Naomi Angel's Site Links ■
Naomi Angel オフィシャルサイト Naomi Angel's Official WebSite
Naomi Angel アートオンラインショップ Naomi Angel's Art Online Shop
Naomi Angel イベント情報 Naomi Angel's Event Info

■ Naomi Angel's Twitter ■
日本語 Twitter アカウント @NaomiAngel7 (Only Japanese Language 日本語のみ)
English Twitter Account @NaomiAngel777 (Only English Language 英語のみ)

by naomiangel | 2011-08-18 08:33 | Uudam モンゴルの歌王子

<< 「星の王子さま」というサイン ... 懸賞 裏ブログ: 一新 (とりとめの... >>