人気ブログランキング |

白洲正子さんからもメッセージが送られてきている(追記あり)

懸賞 2011年 03月 31日 懸賞

(Japanese only)

Naomi Angelより、宇宙エネルギーを込めた祈りとお守り「Pray For Japan」を配信中
↑ ご自由にダウンロードしてください

いつもご訪問ありがとうございます♪
ブログランキングに、1日1回クリックよろしくお願いします♪ ↓

f0186787_1541487.jpgあなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪


本日、正午に、福島原発の中の水への一斉祈願に参加してくださった皆様、
本当にありがとうございました。

知り合いの中にフランス在住の日本人がいるのですが、彼女も遠いフランスからこの時間に合わせて祈願してくださったそうです。ありがたいです!

きっと、このブログを読んでくださっている海外の方も、中には祈願に参加してくださった方もいらっしゃるかもしれません。
ありがとうございます。

私はこれからも、毎日水に語りかけ、光を通し、愛と感謝の気持ちを注いでいこうと思います。^^

ところで・・

今日コメントをくださった方のお話で発覚したのですが・・

なんと、今朝、白洲正子さんの特集番組がNHKハイビジョンで放送されていたそうなんです。
しかも、タイトルが、「八百万の神がすむ山河~村治佳織・白洲正子祈りの道を往く」
びっくり。

まず、白洲次郎さんのことを3/29に記事にアップしたら、その夜に次郎さんのエネルギー(魂?)を近くに感じた。
そして、翌日3/30(つまり昨日)、次郎さんについて、二回目の記事を投稿。
その夜に、江本勝さんが一斉祈願を企画していることを知って、ブログで続けて記載。
そしたら、翌日(3/31)の今日の朝、白洲正子さんのスペシャル番組が放送されていた。
内容が、「祈りの道」で、「八百万の神様」の話と、「神と仏を共存させる祈りの心」に関する話。

八百万の神とは、自然霊、うぶすなの神※、自然に宿る神で、神道ではすべてのものに神様が宿るという考えがある。
(※うぶすなの神=産土の神 生まれた土地の守り神。 近世以降は氏神や鎮守の神と混同されるようになった。)

白洲正子さんの展覧会HPから抜粋
古来より日本では万物に神が宿るとする自然崇拝に基づく自然信仰がありました。 神道が成立する頃には自然の中でも特に山や巨石、巨木を御神体として崇拝するようになります。

皆さんが本日、祈願してくださったのは、自然のエレメントのひとつである、水に対してですけれども・・

本当は、大昔、人類は、すべての自然の存在たちにこうして祈りを捧げていたのですよね。

自然に対して感謝の気持ちを表し、祈りを捧げていた、そういう心があったのです。

自然とコミュニケートしていた時代があったのです。

精霊とコミュニケートできていた時代があったのです。

それをもう一度思い出すときがやってきました・・。


白洲次郎さんだけでなく、白洲正子さんも、このタイミングに合わせて、物質界を動かしてメッセージを伝えてくださったのでしょう。 なぜ、このタイミングで、彼女の展覧会が開かれ、テレビでもスペシャル番組が放送されるのでしょうね。 しかも検索してみたら、この時期数回彼女の番組が予定されています。

それをも知らなかった妹が、私に白洲次郎さんの話を土曜日(3/26)に感動しながらしてくれた。

そして、次郎さんも、先日紹介した動画のPart4で紹介されていますが、東北電力の会長をされていたこともありました。 (追記: ちなみに、当時次郎さんが会長されていたときは、東北電力は原子力発電所ではなかった。 東北の原発ができたのはもっとだいぶ後。)
今朝、コメントしてくださったその方が、

「白洲次郎が東北電力の会長もしていたそうです。
だから電力や原発のこともサポートしてくれているのかもしれません。
日本の素晴らしき多くの魂がサポートしてくれているのだと感じます。」

とおっしゃっていましたが、
本当、私もそう思います。

実はですね、
私の知り合いの中で、ガンを治す薬を作った人がいるのです・・。

その方はですね、ご自分もガンにかかり、確か、もう末期だったと思います。
あるとき、夢を見て、数名の医者と科学者が現れて、材料を教えて、作り方を説明したのです。
夢の中で、彼らは名前を名乗ったそうです。

起きてからその人は、夢で教わったとおりに薬を調合して、作ってみます。
それを飲むのか塗るのかわからないけど、とりあえず、患部の位置に塗って、温湿布をしてみたそうです。(うろ覚えですが、たしか温湿布だったと思います。)
そしたら、ガンが消えて健康になったそうです。

なので、夢の中の医者や科学者にお礼を言おうと思って、実際に彼らを訪ねたら、すでに故人の方たちだった、という話です。

ウソのようなミラクル話ですが、本当の話で、私はその方に数回お会いしています。
で、その薬を私も持っていますが、万能薬として、ときどき使わせていただいています。

父が一度、スズメバチに数箇所刺されてしまったことがあり、この薬を塗って命拾いをしたことがありました。

今は、その方もお年を召していて、本人はもう作っていなくて、ご家族の方が作られているとか・・
でも、その製作法を後世に伝えるかどうかはわかりませんけれども・・

薬に頼るだけじゃなく、意識も大事、とその方は言っていた気がするなぁ・・ 絶対に治る!という強い意識です。

話がそれました、いいたかったのは、

魂のしくみシリーズでもちらっと触れているんですが、亡くなった魂の方から、あるいは、高次の存在から、解決方法のアイデアを伝授してくれることがある、ということなんです。

だから、白洲次郎さんも、正子さんも、それぞれ、メッセージを今日本中に知らせようとしているな、と思いました。
本当に素晴らしいご夫婦ですね。

今週末、正子さんの展覧会に行ってみようかなぁ。
白洲次郎さんのNHKスペシャルDVDボックスも揃えようかな、と考えています。
「アレクセイと泉」もどこかで借りられたら見てみたいですね。

ここのところ、自分たち(家族や友人)の一挙一動がすべてにつながっていてシンクロしている気がして・・・
サインを受け取るのに忙しい日々です。笑

ハイビジョン特集「八百万の神がすむ山河~村治佳織・白洲正子祈りの道を往く」

見逃した方のために、有料視聴用があります。 (私も今夜見てみようと思います♪)
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2011025652SC000/

番組紹介文から抜粋
白洲正子が、日本人の誇りとつづった「神と仏を共存させる祈りの心」。宗教対立の歴史を持つスペインで演奏活動を続けるクラシックギタリスト村治佳織が、日本独特の神仏習合を感得した正子の巡礼の道をたどる。神が十一面観音に化身した伝説が伝わる白山や、正子が絶賛した山水図屏風が残る寺、山伏が祈りをささげた吉野の荒々しい神々と向き合う。深い感動を覚えた村治は、那智の滝や霊山の巨樹の前で、ギターの名曲を演奏する。

本文中にも追記していますが・・・
(追記: 当時次郎さんが会長されていたときは、東北電力は原子力発電所ではなかった。 原発ができたのはもっとだいぶ後。)

というわけで、皆さん、今、本当に、魂のしくみシリーズ、必読です。笑 ↓
「魂のしくみ」シリーズ まだの方は、ぜひ読んでみて下さいね♪ 今宇宙があなたに、知ってもらいたいメッセージです。 必要な方に届きますように。
ブログランキングのクリックしていただけましたら、幸いです!
よろしくお願いします♪

f0186787_1541487.jpgあなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪


■ Naomi Angel's Site Links ■
Naomi Angel オフィシャルサイト Naomi Angel's Official WebSite
Naomi Angel アートオンラインショップ Naomi Angel's Art Online Shop
Naomi Angel イベント情報 Naomi Angel's Event Info

■ Naomi Angel's Twitter ■
日本語 Twitter アカウント @NaomiAngel7 (Only Japanese Language 日本語のみ)
English Twitter Account @NaomiAngel777 (Only English Language 英語のみ)

by naomiangel | 2011-03-31 16:22 | Recommend おすすめ・好きな物

<< 八百万の神 & 水は人間の感情... 懸賞 【3/31正午12時】水は言霊... >>