人気ブログランキング |

ニュース:<たばこ>人間だけではない ペットも受動喫煙でがんの恐れ

懸賞 2011年 02月 15日 懸賞

(Japanese only)

ネットニュースで見つけました。 気をつけないとね!

<たばこ>人間だけではない ペットも受動喫煙でがんの恐れ

動物を飼っていらっしゃる方は、気をつけましょう!

猫ちゃんはとくに、毛づくろいをするので、室内に残った有害物質を無意識に口に入れてしまう危険もあるので、注意。

以下抜粋

 たばこが人間の体に悪いということは今やほとんどの人が知っている。しかし、ペットの健康にも同じような影響を与えることについて、飼い主の関心は低い。

 ペットの受動喫煙に関する研究は米国でいくつかの発表事例がある。マサチューセッツ大が93~00年に実施した調査によると、家庭内で副流煙にさらされた猫が悪性リンパ腫になる危険性は、さらされていない猫の2・4倍。その環境が5年以上続くと、3・2倍に上がるとされる。

 また、コロラド大が92年に発表した研究では、喫煙者に飼われている犬ががんになるリスクは通常の1・6倍。特にダックスフントのような鼻先の長い犬種は鼻腔(びくう)がんの発症リスクが高まるとの結果が出た。

 これまでの研究によると、煙に含まれる有害物質の粒子は空気中で下降するので、体高の低いペットは人間より影響を受けやすい。ニコチンは血管を収縮させるため、特に心疾患のある小型犬は注意が必要だ。

 ただし、ペットの前でたばこを吸わなければ大丈夫、というわけでもなさそうだ。例えば猫の場合、毛繕い(グルーミング)をする際、室内に残った有害物質を無意識に口に入れてしまう。さらに喫煙者の呼気は一酸化炭素が多く、抱っこした飼い主の息がかかるうちに体調を崩すケースもあるという。


いつもご訪問ありがとうございます♪
ブログランキングに、1日1回クリックよろしくお願いします♪ ↓

ニュース:<たばこ>人間だけではない ペットも受動喫煙でがんの恐れ_f0186787_1541487.jpgあなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2011-02-15 17:35 | For the Earth 地球のために

<< デンファレの妖精たちと神の遣い... 懸賞 Thank you ! ove... >>