人気ブログランキング |

天国と地獄

懸賞 2010年 09月 21日 懸賞

(Japanese only)

子どものときに、父から教わった話。

とっても印象に残っていて、子どもごころに、感心・納得したお話です。

でも、もしかしたら、知っている人もいるかも?

私が覚えているのは、こちらのお話です。↓

「天国と地獄」

さて、まず、地獄へ行ってみましょう。

なにやら、まあるい食卓が真ん中に置かれ、その周りには、10人くらいの人が、壁に固定された鎖に手足がつながれたまま、丸い食卓を囲んで座っていて、食べ物に届かない状態になっていました。 でも、一人ひとりの手に持たされていたのは、1~1.5mと身の丈ほどの長さはあろうかというほどのとてもとても長い箸でした。

地獄では、その食卓を囲んだ人々がガリガリにやせていました。

食事の様子を見ていると、箸の先で食べ物をつまんで自分のほうへ持ってこようと回すと、他の人の箸にぶつかって食べ物は落ちるし、じゃあ、ぶつからないようにと、するするすると、箸の柄のほうを自分の脇へ引っ張って引き寄せようとすると、他の人が箸でそれを落としてしまい、奪い合い・殴り合いが展開されて、いっこうに、人々は食べ物にありつけない状態でした。

それで、人々は目をギラギラさせてガリガリにやせていたのでした。

いっぽう、天国に行って見ると・・・

同じように、10人くらいの人々が、壁に固定された鎖に手足がつながれていて、丸い食卓を囲って座っていて、同じように食べ物に届かない状態でいて、そして、一人ひとりに、同じように長~い箸を持たされていました。 つまり、環境や条件は地獄と全く同じ設定でした。

けれども、天国の人は、みんな、満腹状態で健やかで、幸せそうににこにこしていました。


(さてどうしてでしょう? 皆さんもちょっと考えてみてくださいね。)





天国の人は、どうしていたか、というと、

箸の先に食べ物をのせると、それを、自分のところには運ばずに、向かい側の人に食べさせていました。 「さあ、召し上がってください・・」「どうもありがとう、では、今度はあなたも召し上がれ・・」と、全員が全員、お互い食べさせてあげることをして、みんなが満腹になるようにしていました。


同じ環境でも、心の持ち方次第で、地獄のような世界、天国のような世界ができあがるのですねえ・・。

なかなか深い物語でしょ? ^^

ネットで検索してみると、出回っているお話がちょっとずつ違うようなのですが、
私が覚えているのはこんな物語です。


★Naomi Angel のイベントのお知らせ★

屋久島出身の歌姫、AZAMIさんとのコラボイベント、10月30日(土)に開催されます♪ Naomi Angelも作品を展示いたします♪ チケット500円引き+プレゼント付き♪ ↓
2010年10月30日(土) in 銀座 オアシスの森AZAMIチャリティーコンサートwith素敵な仲間たち


f0186787_1541487.jpg← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-09-21 16:42 | Happiness-Law 幸せの法則

<< 【追記あり:22日十五夜】23... 懸賞 「愛の星を守り継ぐ者」 素敵な... >>