人気ブログランキング |

映画「インセプション」

懸賞 2010年 07月 26日 懸賞

(Japanese only)

(※こちらは、単なる私の映画の評価で、スピリチュアル的にどうのこうの、という評価ではないです。)

インセプションを観てきました!

す・・・っっっっごかったです。 圧巻!!!

たぶん、今まで観た映画の中で、一番インパクトがあるかもしれないです。 映像も物語も。

すっごく面白かった、と同時に、とても怖かったです。

監督は、クリストファー・ノーランという方なんですが・・・
何の映画を監督した人かと注目してみたら、「メメント」や、「ダーク・ナイト」(バットマン)なんですが・・
「ああ、やっぱり・・」と納得しました。 私は、上記の映画を両方とも観たことあるんですけど、 この方、ほんっとうに、心理学の描写がとっても上手い監督さんですよね~。 もしかして、プロの精神分析医なんじゃないかと思うほど・・・。 

怖かった、というのは、サスペンスだからとか、ホラーだから、とかという意味じゃないんです、そういうものは全然なく、夢(もしくは「潜在意識」というべきなのだろうか?)にのめり込むと「現実」と見境なくなって、狂気じみてしまうというか、なんか、そういう「意識の混乱」の怖さに鳥肌が立ちました。笑。
そういう風に、観客に恐怖感や緊張感を持たせるのは、この監督、ほんっとうに上手いと思います。心理描写が上手いというか・・・脚本がすごいというか・・
人間の心理を逆手にとって、引き込む技がすごいな、とつくづく思います。
(「ダーク・ナイト」もすごい怖かったですもの・・。あれは子ども向けのアメコミの映画じゃない・・大人でも怖いと思う映画でした。)

なんていうか、ちょっと本気で、アストラル・トラベル(幽体離脱したときのビジョン)が、「リアルに見えすぎなくてよかった」・・と思ったかも・・笑。
リアルに見えすぎていたら、私も正気というか、三次元とアストラル・トラベルでのビジョンとの境が見分けつかなかったかも・・って映画を観終わったときに思いました。笑。(裏ブログで書いていますが、時々、私はアストラル・トラベルをしているのですね・・。)

なんか、この感想から、映画のすごさがわかりますでしょ? 笑。

まったく新しい世界観なので、ついていくのもやっとでした。笑。
理解するのに、もう一回観ようかなぁ・・と思いました。
すごかったですよ~。

そうそう、これは余談ですが、ディカプリオ扮する「コブ」の相棒、「アーサー」役のジョセフ・ゴードン=レヴィット(Joseph Gordon-Levitt)がとってもかっこいい♪と思いました。 最初、あの亡くなったヒース・レジャーかと思いました! そっくり! あれ?? ヒース・レジャーのはずないよね?? すごく似ているし、若い!なんて思いながら観てました。笑。

この映画、エンターテインメントとしておススメです! (ただし、かなり衝撃強いほうなので、精神的に弱い方?はくれぐれも惑わされないようにご注意! なんてね・・笑)

裏ブログに、ちょっとアストラル・トラベルと異空間と夢と潜在意識と、この映画のつながりについて近いうちに書いてみたいと思います。(ネタばれになるだろうから、これは時間を経てから?)


f0186787_1541487.jpg← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

by naomiangel | 2010-07-26 10:34 | Movies 映画

<< 宇宙からの次の教科書?- 「カ... 懸賞 聖母さまと憧れの姫乃宮亜美先生... >>