「ターミネーター4」 Terminator Salvation

懸賞 2010年 02月 07日 懸賞

(Japanese only)

また映画の話です・・・ すみません。

ターミネーター4」(Terminator Salvation)をDVDで観ました!

映画館で上映中の時は、劇場で観るには「重い」かなぁ~と思って、観に行かなかったんですけれども・・
ようやくDVDで観ることができました。

すごく良かった!

最後泣いてしまった・・

というより・・(って言うのも変なんだけど・・笑)
サム・ワーシントン(Sam Worthington)、かっこよかった!!!!
彼は「アバター」の主人公ジェイク・サリー役の俳優さんです。

ちょっとこれで、私、彼のファンになっちゃったかも。 笑。

私、オーストラリア映画の「タップ・ドッグス」(Bootmen)のDVDを持っているのですが・・
(この映画は実話に基づいていて、オーストラリア・ニューキャッスルの鉄鋼所で働く男たちが、ブーツに金具をつけて、金属板や工場の機材の上で、タップやるという新種のタップを思いついて、有名になったグループ「ブーツメン」の話。 シドニーオリンピックの開会式でも踊ったそうです。 この映画も、タップが超かっこいいので、おススメです♪)

なんと、この映画に、サム・ワーシントンが出ているんですね~。 ^^
(彼は踊りません。)

そう、彼はオーストラリアの俳優さんなんです。 (出身はイギリスのようです。)

オーストラリア映画に出ている俳優の彼を観たことがあったんですが、しかし・・・ この映画の中では、だらしないお兄さん役として出ているので、ほんっとうにパッとしないというか、存在感薄かったんです。 笑。

しかし、この「ターミネーター4」のサム・ワーシントン、めっ・・ちゃ・・くっ・・ちゃ、かっこいいではないですか!!
(「アバター」よりかっこいいかも。 ^^ → いや、でも、青い肌のナヴィになったときのサムはかっこよかったけどね!)

「ターミネーター4」も公開される前に、よく、「アバター」のプロデューサーは、彼を選んだものです。

サム、かっこいいなぁ・・

演じた、マーカス・ライト役のサム、瞳に温かみも感じるし、と同時にさみしさも・・ そして強い・・。

かっこよかったですね~・・

「ターミネーター4」は、前作と人間関係がつながっていたので、えっと、誰がなんだっけ?という感じで、こんがらがりそうになって、途中一時停止して、巻き戻して人間関係をおさらいしたりしながら観ました。笑。
そうそう、ジョン・コナーはサラ・コナーの子どもで、未来からサラを守りに来た男性カイル・リースと結ばれてできた子どもなんだよね・・って、ああ、不思議な壮大なロマンスだったね~・・とおぼろげに思い出したり・・ 当時はそのジョン・コナーはエドワード・ファーロングっていう美男子だったよね~って思い出したり・・

つまり、「ターミネーター4」では、父親カイルが10歳で、息子のジョン・コナーが30代くらいの大人で、対面することになる。 面白いですね。

カイル・リース役の男の子も迫真の演技だったなぁ。

ところで、終盤、シュワちゃんがサイボーグとして出てきたのは、超ウケました。
(でも、調べたら、シュワちゃん本人ではなく、身体は別のボディビルダー、顔だけ合成で、シュワちゃんなんだって! え~びっくり!)

ターミネーター1と2は何となく思い出せるんだけど・・3ってどんな話だっけ??と思いだせない・・
もしかしたら、観てないのかな・・? (動画探して観たら、観たことなさそう・・)

(ちなみに、1・2がジェームズ・キャメロン監督で、3はジョナサン・モストウ監督、4はMcG(マックジー)監督だそうです。 McG(マックジー)は「チャーリーズ・エンジェル」の監督。 いろいろ検索していたら、3はなんかストーリーも質もあまりよくなかったようですね・・・?)

追記:
他のエドワード・ファーロング フォトギャラリー あの頃はよかった・・ その後なんだかかわいそうなことになっちゃったみたいですね・・ アルコール依存・薬物など・・ 子役は本当に大変だなぁ・・
どうか、彼が幸せになれますように・・


← クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ輝いていますように♪ いつもありがとうございます♪

[PR]

by naomiangel | 2010-02-07 20:16 | Movies 映画

<< 3/13(土) in 群馬 大... 懸賞 映画『アバター』が史上最高の興行収入 >>