魂のしくみ2 第2章 地球ガイアの意志2 地球の大進化

懸賞 2014年 08月 29日 懸賞

(Japanese only.)

いつもご訪問ありがとうございます♪ ブログランキングに、1日1回クリックよろしくお願いします♪
→ 人気ブログランキング
あなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪
f0186787_1555044.jpg


シリーズ目次はこちら→魂のしくみ by Naomi Angel

何年か前に、NHKスペシャルで、「地球大進化」というタイトルのドキュメンタリーが放送されました。
私は、数年遅れてオンデマンドで拝見させていただきました。

これは、私が説明を書くよりも、ドキュメンタリーを見ていただいたほうが正確、わかりやすいと思うのですが、
このドキュメンタリーを見ていると、本当に、地球って、「意志」があるって感じられるんですよ。
意志があるとは、そのドキュメンタリーでは言っていないですが、もう、地球の歴史を見ていると意志があるようにしか見えない。

私のつたない記憶力から、印象に残った部分をあげていきますと、

太陽系は、今の惑星の数だけじゃなくて、もっともっとたくさんの惑星があったらしく、
およそ46億年前、そのうちのあるひとつの惑星に、いくつものの惑星が重力で吸い寄せられて、ぶつかって、爆発して溶け合って、そして、20倍くらいの大きさになり、今の地球の大きさになった、と言われています。

もちろん、ほかの大きな惑星も、同じように小惑星同士がぶつかりあって溶け合って大きな惑星になり、今の太陽系が形成されたわけです。

この今の地球の大きさが、海を保つのにちょうどいい重力が保たれるようで、そのおかげで、生命が誕生したとも。
重力が大きすぎても小さすぎてもその環境が整わないらしく、
生命が誕生するのに、奇跡的な環境がそろったらしいです。

そこでもまず奇跡的な偶然の重なりがあるでしょう?

Wikipediaでも説明があるようです。
太陽系の形成と進化
地球史年表

惑星がぶつかり合って溶け合うとき、マグマのようになるので、その熱が上昇して、蒸気が雨になって、大量の雨で海ができ、そして生命が誕生しましたが・・・

私たちの祖先って最初は微生物だったんですよね~。
しかも、単細胞だったんです。 単細胞!
地球誕生から6億年たったときのことでした。(つまり、今から40億年前のこと)

そして、今から6億年前、一度、地球全体が凍り付いてしまった時期があるのですが、(全球凍結)
それでも、いくつかの微生物は地中奥深く、生き延びて、氷が解けだすと、いっせいに進化していったりしていったのでした。

単細胞から、多細胞へ、そして、コラーゲンを生成して、微生物時代にくらべて大きな体を作っていったり、ほかには、光合成をする生物が現れたり、地球にたくさんの酸素が生成され、そうやって進化していくのですが、

私たちの祖先は、人類になるまでは、弱肉強食でいうところの、弱者の道をかなりずーっと歩んできたようで・・
でも、生き延びるために、どんどん進化していったんですね。
その道のり、課程がすごいです。

私たちが魚だったときは、小さな魚だったようで、大きな肉食の魚に追われて逃げ回ってびくびくして生きていて、陸地近くの川へ逃げ込んで、枝がいっぱい落ちている川岸へ移りこみ、(こうすると、大きな魚が入ってこられない)
そして、枝をかき分けて進むために、手足が生えて(シーラカンスみたいな魚ですね)、
そして、急激に海の酸素が減って、えら呼吸から肺呼吸に切り替わり、水面から顔出して酸素を吸って生き延びたり、
4億年前、大陸移動の影響で、浅瀬の水域が少なくなって、
とうとう、海を去って陸に上がろうと決意して、体が進化していって、陸にあがって生活を始めたり、

2億5千万年前、地球中心部からわき上がった直径1000キロの火の玉・スーパープルームによる巨大噴火により、95%の生物が大絶滅してしまったらしいのですが、それでも、人類の祖先は、この試練を乗り越え、恐竜全盛時代を迎えます。

恐竜がいた時代は、私たちの祖先はそのころは、小さなネズミのような存在でしたが、恐竜に追いかけられてびくびく生きていたようです。(陸に上がってきても弱者^^;)
恐竜が全盛期のときは、酸素が今よりもずっとずっとはるかに多かったのですが、あるときを境に酸素が急激に減り(今ぐらいの量までに減った)、私たちの祖先は、生き延びるために、肺が大きく発達し、卵で子どもを産む出産スタイルから、胎内で赤ちゃんを育てて確実に生命を維持できるように体が進化していくのです。 哺乳類の誕生ですね。

恐竜が絶滅すると、今度は、大型鳥類が全盛期になったり、それが滅ぶと、大型哺乳類が全盛期になったり・・・それもまたやがて滅んで・・・・ という歴史を地球の生命はたどっていったのですが、
私たちの祖先は、霊長類に進化しましたが、いまだに弱者として、大型鳥類や、大型哺乳類から逃げ回って生きていたようです。
そのうち、天敵から逃げるために、木の上で過ごすようになり、木の実をもぎ取れるように、手が進化していって・・・
そして、ほかの生き物から木の実をより速く手に入れるために、視力が進化して、それまで、色のない世界から、色を識別できる眼に進化していったみたいです。

あとは、木から降りて、類人猿から人類へ進化し、道具をつかって狩りをするようになって・・・と皆さんもご存知の進化の過程をたどっていきますよね。

その中でも、草食と肉食の猿人がいたらしいのですが、結局は、寒さを乗り越えるのに、肉食の猿人のほうが生き延び(草食猿人は絶滅した)、そして、さらに、言葉を使わなかった猿人は滅び、言葉が発達していった猿人が生き残っていって、今の現代人の私たちに進化していったのですね。

言葉、なにげなく、私たちは今つかっていますが、狩りの情報を伝えたり、知識を伝えるのに、言葉というのは、非常に役に立つ、全生命の中でも貴重な財産なんですよね。 失敗と成功を後世につたえることで、よりよい方法を代々伝えて、とても速いスピードで栄えていくことができる。
これが、人類がほかの動物たちにはない能力なんだと思います。

そして、ようやく、人類が頂点に立ったわけです。
今、地球に70億の人間がいますが、人類始まって以来、過去最大ピークだといわれてますよね。

何億年も間、弱者だった私たちの祖先が、生き延びるために、地球の変化に伴って、体をその時に合わせて進化していった。

これはすごいことですよね・・・。
今の私たち人間の体は、微生物、単細胞からずーっとずーっと何億年もかけて進化していった結果なのですから・・。

きっとこれからも、地球の変化にともなって進化していくんじゃないかな、と思います。

しかし、地球の歴史を振り返ると、
恐竜が栄えた時代、大型鳥類が栄えた時代、大型哺乳類が栄えた時代・・
どの時代も、地球上で、その数がピークに達すると、絶滅の道をたどっているんですよね・・

それも、地球の天変地異のような災害や環境の変化によって・・・
まるで、地球が生命を試しているかのようですよね・・・
試練を与えて、その試練を乗り越え、進化したものだけが生き残れる、そんな歴史が続いたわけです・・。

言ってみれば、地球の災害は、生命の進化を促すためにあるとも言えるでしょう。
(これはちょっと時と場合には表で言えないことも多いのですが・・・ 億年単位の地球の歴史からするとそのようにとれる、ということです)

たとえば、
全球凍結がなければ、単細胞から先へ進化しなかったのです。
大陸移動がなければ、われわれの祖先は陸にあがってこなかったのです。
大噴火がなければ、哺乳類へと進化しなかったのです。

そう考えると、地球が起こしているイベントは、なにやら意志が見えてきますよね。

そして、裏を返せば、
地球が氷に包まれようが、マグマに包まれようが、大噴火が起ころうが・・・ われわれの祖先は、体を進化していって生き延びてきたのです。すごーいことですね。何が起きようと絶滅することなく、数十億年の長い年月を経て、生き延びてきたんです。

でも、地球の歴史を見てみると、
生命が頂点に立って、ほかの生命を脅かすようになると、
その種は必ずと言って滅んで行っているのです。

さて・・・今人類が全生命の頂点に立っています。
もはや、ほかの生命の絶滅、自然破壊は、残念ながら、人間によるものが多いですよね。

このまま人類がその行動をしつづけたらどうなるでしょうか?

おそらく人類もきっとまた滅んでしまうでしょう・・・。

でも・・ 私たちには、言葉という伝達ツール、能力があります。
どうすることが一番いいのか、地球と生命のためには、人類は何を選択していくべきか、
私たちは、伝えあい、選択し、行動することができます。

つづく

(追記)
実はですね、この記事、すでに昨日(2014/8/28)書き上げていたんですが、アップしていいかどうか迷い、いったんアップやめて、また今日(2014/8/29)アップしようとしてやめて・・と迷っていたんです。

でも、今日公開(2014/8/29)の映画「ルーシー」を観に行ったら、内容があまりにもこの記事とリンク、シンクロしていたので・・(暴力的なシーンは除くけどね。)
しかも、映画観た後、テレビ朝日に取材されてしまいました!!
(秋に放送される予定のようです。 深夜の「お願いランキング」という番組。)
・・・結局取材でこの記事にある進化のことをちょっと言ってしまうし・・
こりゃあもうサインでしょ・・ということで、今日アップします。

魂のしくみシリーズは書いていると本当に現実とのシンクロがすごいので、末恐ろしいです・・^^;
宇宙にはめられている気がする・・^^;

しかも、映画を観た後に取材されるの、生まれて初めてなんですが、リュック・ベッソンのこの映画で取材されたのはとてもうれしいです。

でも、テレビ取材のとき、映画の感想について、すんごい変わった視点で感想を述べたんですが、大丈夫かしら。(笑) まあ、あくまでも科学的側面で話せたと思うので大丈夫かと。(笑)

映画自体は暴力的で残酷なシーンも多いのですが、映画にちりばめられた理論(脳や進化に関する部分)は圧巻です。
人間は脳の10%しか使用していないが、もし、100%使ったらどうなるか?という映画。
100%になったときの・・リュック・ベッソンの着眼点はすごい・・・ なるほど・・と思う。
脚本もリュック・ベッソンらしいですが、さすがです。

(追記 2015/4/12)
というわけで、本当にテレビに映りました(笑)
魂のしくみ 番外の番外 第2シリーズ第2章をアップするきっかけになったテレビのインタビュー

好評の連載「魂のしくみ」第1シリーズがリクエストに応えて、待望の書籍化☆2016年2月22日発行!
魂のしくみ - こころがうるおう、やさしいお話 引き寄せの法則を紐解く魔法の本
f0186787_14514619.jpg


■ お知らせ ■
Naomi AngelによるLINEアプリのスタンプ販売スタート!
Naomi AngelのLINEスタンプ【第1弾】“愛らしい天使たちのキス&ハグ”
Naomi AngelのLINEスタンプ【第2弾】“ドラゴンと天使たちの冒険”
非売品だったNaomi Angelの原画を特別に販売スタート!
【第1弾】 Naomi Angelの原画販売
【第2弾】 Naomi Angelの原画販売


魂のしくみ by Naomi Angel ← 大好評中の連載
人はなぜ生まれてきているのか、そしてどこへ向かっているのか、人生で直面する問題に隠されたメッセージ、自分の住む世界が幸せになる方法、エネルギーの法則、など、Naomi Angel自身の体験と見聞による、魂のしくみのお話です。

■ Naomi Angel の図書館 宇宙の教科書■
Naomi Angel's Library おすすめの本♪ その1
Naomi Angel's Library おすすめの本♪ その2

■ Naomi Angel's Site Links ■
Naomi Angel オフィシャルサイト Naomi Angel's Official WebSite
Naomi Angel アートオンラインショップ Naomi Angel's Art Online Shop
Naomi Angel イベント情報 Naomi Angel's Event Info
Naomi Angel オフィシャルフェイスブック Naomi Angel's Official Facebook

■ Naomi Angel's Twitter ■
日本語 Twitter アカウント @NaomiAngel7 (Only Japanese Language 日本語のみ)
English Twitter Account @NaomiAngel777 (Only English Language 英語のみ)
[PR]

by naomiangel | 2014-08-29 23:00 | Soul Mechanism 魂のしくみ

<< シンクロ・・・ 映画「ルーシー... 懸賞 NHK地球大進化 第1章 無料... >>