「魂のしくみ」番外: こころを穏やかに2

懸賞 2011年 03月 16日 懸賞

(Japanese only)

Naomi Angelより、宇宙エネルギーを込めた祈りとお守り「Pray For Japan」を配信中
↑ ご自由にダウンロードしてください

「魂のしくみ」シリーズ まだの方は、ぜひ読んでみて下さいね♪ 今宇宙があなたに、知ってもらいたいメッセージです。 必要な方に届きますように。

前回の「こころを穏やかに その1」のつづきです。

これから書くことは、ちょっと、理解をしていただけるかどうかわかりませんが、これは私が体験し、気づいたこととして、読んでくださいね。

今回の地震で、私はいろんなことを考えました。

たぶん、多くの人が、今、内観しているかもしれませんね。 (生と死について、生き方について、そして、今までの当たり前の平凡な日々がいかにありがたかったか・・)

余震がずっと続く中で、なぜか、私は、金曜日の避難して帰宅した日から月曜日まで、まる3日間半一人でいましたが、こうして連絡がつながる環境だったので、おかげさまで、必要以上に不安になることもなく、わりと平穏に過ごしていていました。 それに、肉体では一人だけど、守護ドラゴンのANAN(アナン)や天使たちや高次の宇宙存在がそばにぴったりくっついてくれてるというのを感じたので、むしろ、僭越ですが、他人を勇気付けられるくらい元気な方でした。 祖父や祖母などすでに天に還った親しい人たちが護ってくれているのもありますね。(あるいはもう生まれ変わっているかもしれないですけれども。笑) 私は本当に不思議なほど、奇跡的に、護られて生かされています。
私のところは停電もなく、コンロも電気コンロだから、お料理もできましたし、断水することもなく、ゆいいつエレベーターが当日と翌日昼間まで止まったくらいでした。 本当に恵まれています。 すべての物事が私にとって、本当にタイミングよくて、私は本当に強く護られているなぁと思いました。 
そして、幸いにも、自分の家族や友達が皆無事でした。 本当にありがたいと思いました。

でも、この3日間の間で、今回、たくさんの方が地震と津波で亡くなられ、そして、避難誘導された警官の方が殉死され、孫を抱えたまま瓦礫の下敷きになったおばあさんのニュースを聞くと、
生き延びる奇跡と、命をかけて人を救った姿が、どちらもとてもとても尊い美しいあり方だと思いました。

津波に飲まれた人たちの数が多すぎて、家族と別れてしまった人も多い。
無事な自分が大きな精神的ショックで何もできなくなる、ということがないように、ニュースの映像はもう、最初の2日だけで止めて(映像は文字よりショックが大きいので)、あとは情報の収集のバランスをコントロールしながらネットで必要なものだけを文字で拾っていても、よいイメージを描き続けても、余震がくるたび、家族や親せき、友達は大丈夫か?とやはり心配することはありました。

でも、自分の家族や一族、友人が無事さえいればいい、という問題ではもはや、ありません。
なぜこんなに多くの人が・・・なぜ私は予知夢を見ているのに・・救えないのか・・と涙が溢れて止まりませんでした。 でも、その瞬間、その津波から、光がどんどん立ち上っていくビジョンが見えました。

おや・・もしかして・・ ?

そう、たくさんの光の存在たちが、亡くなった人たちを懸命に救助、導いている光景でした。 それが金曜日にちらっと見えた光景でした。 
世界中が日本中がいっせいに祈りを捧げた土曜日も、ものすごい波動の高いエネルギーを全身で感じました。
私も土曜日のある時間、祈りを兼ねて瞑想をしたときに、エネルギー界でのビジョンは、亡くなられた方々の魂をたくさんの光の存在たちが大勢導き、光に包み、光の柱が立つ光景が見えました。

あ・・そうか・・魂は永遠だったよね・・ 人間は、魂が肉体に宿ったり、離れたりをただ繰り返しているだけなんだった・・
もし、家族とわかれても、いつか、魂の姿で、あるいは、また肉体に宿った姿で再会できるんだった・・。
何も怖いことはないんだった・・・

そして、瞑想中、
宇宙からもものすごく次元の高いエネルギーが地上に降りてきているのがわかりました。 余震ではないのに、トランス状態になって、座っている私の上半身が左右に大きく振り子のようにスウィングし、真っ白な、ものすごい次元の高い強いエネルギーが私の身体に入ってきました。5次元、6次元といわれているエネルギーよりももっともっととてつもなく高い次元のエネルギーでした。 あれは、やっぱり、宇宙の根源のエネルギー、母なる聖母エネルギーだと思いました。 生まれて初めて感じる大きなエネルギーでした。
だから、聖母の絵にポータルをかけたときに、ちゃんと数字メッセージアセンデッドマスターの333という数字で証明してくれた。 (アセンデッドマスターは、キリストや仏陀も含まれています)

土曜日は、世界が日本が皆が、そして、宇宙が、今本当に意識をひとつに合わせているのを体感しました。宇宙からも、地球からも強い光のエネルギーが発信されているようです。そんな光景を感じました。

自分がもし、肉体から離れることがあっても、私の場合、よく幽体離脱しているから、笑、なんのことはない、ただ肉体を脱ぎ捨てるだけのことだ。
私の愛しい守護ドラゴンANAN(アナン)をサードアイで感知できるのが、今度は、私が、肉体を離れてエネルギー体になったら、もっと彼の姿とぬくもりをはっきり感じられるだろう。
もしも、私が肉体を離れたら、ANAN(アナン)と一緒に天使の仕事を一緒にさせてもらおう。 それもとても楽しみだ。 だって、私もともと、背中に翼を生やし、空を飛んでいた魂だもの。
(もしも、私が早くに肉体を離れたら、みんなの天使をさせていただきます。笑 なんてね。)

自分がそう思うってことはね、今回亡くなった方々の中でも、すでに光となって、他の生きている人たちを救おうとしたり、さらなる被害をくいとめようと懸命になっている魂の方も当然いるんだと思うのです。 (こうお伝えするのは不謹慎でしょうか・・・ でも、私はそういう魂さんはたくさんたくさんいらっしゃると思います。)

そんなことを考えたら、生きていても、肉体を離れても、なにも怖くないんだ、ととても心が穏やかになった。

そしたら、食料や水や、電池などを買い貯め、買い占めるなんてことしなくても、物質界で生かされ役目を果たす使命があるのなら、必要なものは光の存在たちから与えられる。 群集のパニックに惑わされることはない。

普通のこころ穏やかな生活をつづければいいんだ。 それが、仏陀が説いていた、物事(三次元)は常ではなく、諸行無常、あるがままにおきている、それを受け止める、という感覚が、これなんだ、と思った。 やっとやっとわかった・・。

そんなに生き延びるのに必死にならなくても、買い占めたり、放射能の不安に駆られる生き方よりも、自ら現地に向かって命をかけて救出している救助隊のほうが、そして、千葉の土地の家族が、被災地(茨城)の両親に「こちらにおいで」と言ったら、その人のお父さんが「俺よりひどい被害を受けた人が避難していないのにそんなことはできない、復興が終わったら行ってやるから、自分のできることをやれって」とおっしゃったそうだが(「がんがれ日本」より)、そういう人たちのほうが、生き方としては、数倍数倍尊いと、私は思ってしまった。 無駄買いをするような買い占めをして、命を落とした人たちや被災地で耐え続けている人の生き方に恥じるような行動をしたくない・・と思った。

でも、これが自分一人だから、そう思えるのかもね。 私に子どもがいたら、やはり、子どものためにと食料を確保しようって思うだろう。

戦争はあってほしくないものなんだけど、戦前でも、若い神風特攻隊たちが日本国民の幸せな未来のために命を捨てた。 その死に方や戦争は今は決してするべきじゃないんけど、当時の彼らは、日本のために、日本が幸せになるためにと思って、命をかけた行動だった。

命を懸ける勇気。

その生き方の方が、断然尊い。

そして、私の祖父母たちは、魂のしくみシリーズでも一部紹介していますが、大変な戦争時代を生きた人たちで、自分たちが生きるのも精いっぱいな中、人助けもしながら、がんばって生き延びた人たちだ。

そして父と母が生まれ、そして、私が生まれている。

しかも、あの原爆を生き延びた人の子孫たちが今も命がつながっている。

『来る時に電車で聞いたおばあちゃんの会話。「警察が電気足りないから電気(灯り)消せって」「私たちは御国のために電気消して過ごすのは慣れてるのよ。今回は頭の上に爆弾降って来るわけじゃないんだもの、喜んで消すわよね」周囲の人々一瞬しん・・・となる。涙が出そうになった。 』(「がんがれ日本」より)

大和魂はこうして代々受け継がれて、今、多くの人が被災地でがんばっているのだと、素晴らしい姿を教えてくれました。 日本は素晴らしい。 そして、おそらく、日本にいるすべての国籍の人が同じようにがんばっている人もいると思う。

この地震と津波は、生き方を学ばさせられる。

世界中の人が今、その私たちの生き方にこころを打たれて感動して、祈り続けている。

「生き方」を意識しつつ、今自分ができる目の前のことをさせていただこう。 心穏やかに生きよう。
本当に、気づきと感謝の機会を与えてくれました・・
そんなことを、この数日間考えていました。

というわけで、万が一のことがあっても、私は、皆さんの天使になります♪
でも、強力に護られているのもわかるので、どうぞご心配なく。笑

肉体を持っているにせよ、肉体を持たないエネルギー体にせよ、生き方を重視しようと考えさせられた数日間です。

とらわれがなくなったら、心がすごく穏やかになって、これからはもう日本の早い復興のためだけに、エネルギーリーダーとして、エネルギーコントローラーとして、するべきことはしつつ(募金、節電、目の前の人に親切にする、など)、楽しいことにフォーカスしようと思います。

そうそう、今日、たまたま、キラキラした新しい商品たちからパワーもらおうと思って(実はウィンドウショッピング)、会社の帰りにショップに寄ったのですが、お客さんがガラガラで・・・。

もちろん、こういうものにかけるなら募金が優先って思うんだろうし、私も、これらの買い物は、事態が落ち着いてから!って思うけど、日本の復興のためを思うなら、少しは、こういうものにもそろそろお金を出していただいた方が、経済的にも救うことになるなぁと思いました。 まったく出さない、っていうんじゃなくてね。 何日間もこの先この状態だと、無事な土地も、生きることが大変になってしまう。 だから、なおさら、無駄に一部の商品だけを買い占めるのではなく、もっと落ち着いて、バランスを考えて、何割を募金、何割を生活に、何割を普段通りに自分のために、ってしてもいいかなぁと、思いました。 なかなか難しいところですけれどね・・・
でも、募金ができる人は、世界で人口的にはたくさんいて、たとえば、1万人が100円ずつ募金したら、100万円、1億人が100円ずつ募金したら、100億円にもなる。 少しでもいいから募金をしようという気持ちの人が億を超えたら、相当の数になります。
そして、東北出身のお酒を飲むことで、東北の経済を助けることもできる。

もう少しつづきますが、つづきは次回。

「魂のしくみ」シリーズをもっとたくさんの方々に読んでいただけるよう、皆様にブログランキングのクリックしていただけましたら、幸いです!
よろしくお願いします♪

f0186787_1541487.jpgあなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪


■ Naomi Angel's Site Links ■
Naomi Angel オフィシャルサイト Naomi Angel's Official WebSite
Naomi Angel アートオンラインショップ Naomi Angel's Art Online Shop
Naomi Angel イベント情報 Naomi Angel's Event Info

■ Naomi Angel's Twitter ■
日本語 Twitter アカウント @NaomiAngel7 (Only Japanese Language 日本語のみ)
English Twitter Account @NaomiAngel777 (Only English Language 英語のみ)
[PR]

by naomiangel | 2011-03-16 23:54 | Soul Mechanism 魂のしくみ | Comments(2)

Commented by なかあきちゃん at 2011-03-17 10:53 x
はじめまして
いつもハートがキラキラになるブログ、ありがとうございます
元気がでます!

今日、モンモンとしていたことがありました。

モンモンとした内容を相手にいおうかどうしようか~、どういう言い方がいいのか、とモンモンとしていました。

ただ天使ちゃんの存在が身近になる前のワタシというのは、それが正義だということで自分の意見ばかりを押し付けてしまうところがあり、それもエゴだと気づいた今、この考えは押し付けにならないか?迷っていました。

仕事にいく道中に電車の中で考えがまとまらないのでちょうど天使ちゃんに問題を預けた状態でした

それでこのブログを読み答えをいただいた感じです
先走っていればまた私の気持ちだけを押し付けてしまっていたかもしれません

ありがとうございました

大丈夫だった人たちまでキラキラを封じ込めるようなことはしてはいけないですよね
素敵なこころのもちようについて話をするにしても、朝の段階のワタシの話し方ではそれを台無しにしてしまうところでした。

あまりにもタイムリーな内容に思わず、コメントをしてしまいました
失礼いたしました
Commented by naomiangel at 2011-03-23 22:35
★なかあきさん♪

返事がだいぶ遅くなり、申し訳ございません!

>いつもハートがキラキラになるブログ、ありがとうございます
元気がでます!

そういっていただけてとても嬉しいです!
ありがとうございます!

そうですね、災害といったパニックのなかでは、いつも以上にみんなが敏感になっているので、受け取る方も、冷静に受け取れなく、またさらなる混乱と情緒不安定を招くなぁと、実感しました。
つまり、パニックのさなかでは、本当はなにも言わない方がいいと思いました。
みんながみんなそれぞれの思いで動き、発言しているから、よーく奥を見つめてみると、誰が正しくて誰が悪いというのはないのかも・・と思いました。

心を平安にして、優しく声をかける・・ それだったらいいのかな・・

今回の地震で本当にいろいろ考えさせられましたね。

温かい素敵なコメントを本当にありがとうございました。
私にとっても、ブログを書いていてよかったという励ましになりました。
本当にありがとうございました。

<< "Everythin... 懸賞 「魂のしくみ」番外: こころを... >>