「魂のしくみ」番外: ミセス・サンタクロース

懸賞 2010年 11月 27日 懸賞

(Japanese only)

「魂のしくみ」番外編です。 (※「魂のしくみ」シリーズもくじはこちら。 序章からずっと内容がつながっていますので、順番に読んでいただきましたら幸いです。)

朝アップする時間がないかもしれないので、深夜のうちにアップしようと思ってアップしています。
(長くてごめんなさい。^^;)

実は今日(土曜日)祖父母の法事で帰省します。 (そしてまた日曜のイベントのためにとんぼ返り!笑 皆さん、クリスタルボウルと天使のギャラリーに来てくださいね♪)

4年前、孫代表として、祖母に感謝の手紙(弔辞)を読みました。
それをここに載せます。(プライバシーは伏字になっています。)

(しかし、なんというタイミングなんでしょうね・・)

おばあちゃんへ


おばあちゃんありがとう。

おばあちゃんは、私のミセス・サンタクロースです。

毎年クリスマスに、おじいちゃんと一緒に、私たち孫をおもちゃ屋さんへ連れて行って好きなものを選ばせてくださいました。 毎年お年玉をくださったり、おばあちゃんちに遊びに行けば、たくさんのおいしいお料理やお菓子を出してくださいました。

でも、それだけが私がおばあちゃんをミセス・サンタクロースと呼ぶ理由ではありません。

私がおばあちゃんをミセス・サンタクロースと呼ぶのは、おばあちゃんは、無条件に私たち孫のことをほめ、励まし、愛情をたっぷりそそいでくださったからです。

私たちが迷っているときでも、私たちがおちこぼれているときでも、また、私たちが間違っているときでも、どんなときでも、いつも変わらず、私たちに自信をつけさせてくれて、たっぷり愛情を注いでくださいました。

私たちはおかげで、心豊かな人間に成長することができたと思います。

●●●●(祖母が信仰していた神道)というこころの勉強会へ誘ってくださったこと、私たちはこの勉強会で、人間の基本的な愛情、つまり、両親やきょうだいを愛し、尊敬しあうこと、そして、他のひとへの思いやり、ポジティブなものの考え方を身につけさせていただいたと思います。

ここで学んだことは、本当に私たちひとりひとりの精神の成長に大きく影響し、大きな宝物になっています。

おばあちゃんのいうとおりです。

両親やきょうだいを愛し、感謝することができなければ、神様の念波・エネルギーは受け入れられない。

●●●●では一番最初に、「汝ら、天地一切のものと和解せよ」と教えています。 祭壇に供え物をする前に、汝らの父母に感謝し、きょうだいに感謝せよと言っています。 神に感謝しても父母に感謝し得ないものは、神のこころにかなわない、 争いの念波は神の念波を受け入れられない、いっさいの人々に感謝しなさい、 こらえあったり、がまんしたりするのは本当の和解とはいえない。 「感謝しあったとき、本当の和解が成立する。」と言っていますよね。

私は高校を卒業して、上京してから、いろんな精神世界にふれ、また自分自身が社会の中で経験していくうちに、それは本当だと確信しました。

単なる、言葉ではないのです。 本当のエネルギーの法則だと体感しました。

どんな宗教でも根本は同じ、心の中に憎しみがあると、人生が滞り、幸せにはなれない。 どこか、苦しみを抱えて生きていかなければならない。

人は自分の鏡、心の中に持っているものがそのまま自分の人生を反映させる、ということが身をもってわかりました。

たとえば、キリスト教の「汝ら、敵を愛せよ」、という教えも、単なる言葉ではないのです。 心から相手を許す境地になれたとき、相手の幸せをこころから願えたとき、初めて、神聖な幸せなエネルギーが体の中に流れ、人生が幸せな形に変わっていくのです。

歳を重ねるごとに、それらのことが真実だということがわかってきました。 人間関係で悩むことが一切なくなったのです。

この宇宙の法則、そして、人間のこころの法則の謎解きに、一番最初の「鍵」を、おばあちゃんは私にくれたのです。

本当にありがとう。

それから、もう一つ、おばあちゃんに教えられた素晴らしい真実があります。

それはお祈りです。

お祈りというのは本当に単なる行動でないですよね。 本当に神様に通じ、祈る相手にもちゃんと、届きますよね。

おばあちゃんは見ると、いつもいつもお祈りしていましたね。

□□神社へ毎日朝早く歩いていって、もちろん、早朝なので、中に入って暖房のあるところでできるわけではなく、外のお賽銭箱の前の固い板の上に正座して1時間もお祈りをしていましたね。 雨の日だろうと、雪の日だろうと、毎日行っていましたね。

私は小学校1年生のとき、1週間ほど、一緒に参加させてもらったことがありましたね。

私は、本当に寒くて、眠くて、足がしびれて、おばあちゃんの隣で、早く帰りたいと正直何度も思ってしまいました。 でも、おばあちゃんは、冷たい板の上で、じっと、正座を崩さずに、ずーっと手を合わせて一心にお祈りしていました。 それはとても印象深く、今でも覚えています。

そして、帰ったあとにおばあちゃんが家で飲ませてくれた、暖かいコーンポタージュが、こころをほっとさせてくれたのも覚えています。

私は、こどものころは、お祈りの力を特に信じていませんでした。 でも、大きくなるにつれて、祈りとは本当にものすごいエネルギーがあると実感しました。 イメージトレーニングも実はお祈りのひとつですよね。 私は、これまでで、祈りで一番初めに大きな成果を出せたのは、大学受験のときでした。 早稲田大学を受験する直前まで、私の合格判定は5段階判定でDかEでした。 それでも、私は早稲田に行きたいと思って、父に教わったイメージトレーニングをしながら、自分がすでにそこへ通っているというイメージを描き続け、常に合格を祈りつづけました。 ときどき、不安になって、自信がなくなり、どうしようもなくなったときには、実は、おばあちゃんから「受験のお供に」といただいた●●●●のお経を握り締めて胸に当てていました。 すると不思議なことにこころがとても安心しました。 高校3年の夏休みから本格的に勉強して、なんと現役で合格してしまったのです。 このときから、私はお祈りの力を信じるようになったと思います。

それから社会に出てからも、お祈りをすることによって、苦難を乗り越えることができました。 いつも、どこからか、救いの手が差し伸べられました。 あるとき、私は、ひどく落ち込んで、一生懸命立ち上がろうと、ひとりで自分の傷を癒そうとしていたときに、誰にも話していないのに、まるで天使が促したかのように、そばに居た見知らぬ人が突然私を強く励ましてくれたこともありました。 神様や見えない存在の方々はいつも見守ってくださっているのですよね。

また、離れている人にも祈りが届けられたことがあります。 お祈りに関しては、何度もびっくりするような経験をしています。

おばあちゃんのお祈りが素晴らしいと思ったエピソードは、それは、おばあちゃんは、いつも、父たちの会社のことを祈ってくれていたことです。 おばあちゃんが入院してからは、誰も真面目に会社のためにお祈りする人がいなかったようです。 そして、おばあちゃんが入院してから、ちょっと会社内でトラブルが起こって、皆で頭を抱えていたことがあり、ふと、母が気が付いて、「もしかしたら、今まで、おばあちゃんがお祈りしていたのが、今は誰もお祈りしてないからなのかもしれない、お祈りしてみたらどうかしら」と父に言いました。

父と母は、おばあちゃんがしていたように、早朝会社に出向き、お祈りを始めました。 すると、ウソのようにその問題がすんなり消え、会社にいいエネルギーが流れ込んだかのように、どんどんよくなったそうです。

やっぱり、おばあちゃんはちゃんと知っていたのですね。 お祈りのすごさを。

私は1週間前に別の用事で東京から群馬へ帰省したときに、ふと、おばあちゃんに会っておこう、と思いました。 なんとなく、無意識に今会っておいたほうがいいかな、と感じたのです。 おばあちゃんに呼ばれたのでしょうか?

おばあちゃんに久し振りに会ったら、ちょっとびっくりしました。 1、2ヶ月前に会ったときには応答もちゃんとできていたのが、お鼻には管が通され、応答もままならなくなっていました。 でも、それでも、耳元で、「おばあちゃん、Naomiです。」と声をかけると、わかったのか、もごもごと「ありがとうございます。 ありがとうございます。」とずーっと繰り返し言ってくれていました。 おばあちゃんのお祈りですね。 いつも「ありがとうございます、ありがとうございます。」というおばあちゃんのお祈りの姿がバーンとよみがえりました。 そして、そのあともおばあちゃんは涙を流しながら、ずっと何度も何度も、「ありがとうございます、ありがとうございます」と繰り返していて、私はそれを見たとき、本当に胸が熱くなりました。 おばあちゃん、意識が朦朧としながらも、お祈りだけは続けているんだと、とても感動しました。 きっとそこまでおじいちゃんが迎えに来ていたのがわかったのですね。 最後のお祈りに入っていたのですね。

お祈りは単に自分の希望をお願いするのではなく、それが実現した状態をイメージして、実現できると信じ、そして、感謝の気持ちを忘れないことですよね。 お祈りというのは単に自分の希望を「こうしてください」と神様に頼むことではなく、私たちは神様の創造物だから、つまり、●●●●では神の子、といっていますが、神様と一体であるから、私たちのちからにはそれだけ実現力があるということを神様は教えてくれているのですよね?

生きている間に、それを信じることができるか、それに気づくか・・ 人生はそんなものなんだろうな・・と私は気付き始めています。

おばあちゃん、本当に頻繁にお見舞いに行かなくて、ごめんなさい。

それでも、会うたびに涙を浮かべて喜んでくれて本当にありがとう。

おばあちゃんのような、無償の愛のすがたには、私はとうていかないませんが、私も、おばあちゃんのようなミセス・サンタクロースを目指します。


今はおじいちゃんと天国で再会し、きっと喜んでいるでしょうね。 おじいちゃんと一緒に天国で素敵なデートをし、幸せな時間をお過ごし下さい。

おじいちゃんとともに、おばあちゃんも神様の輝かしいオーラに包まれて幸せな光になっていることと思います。


おばあちゃん、本当にいままで、たくさんの愛と勇気をありがとう。

そして、素晴らしい真実を教えてくださってありがとう。


すべての孫から、感謝の気持ちを送ります。

私たちはおばあちゃんが大好きです。


おばあちゃん、ありがとう。


2006年11月●日

孫代表 Naomi


祖母は、神社へのお参りだけでなく、早朝に会社へ行って、会社と会社の社員のために祈りを捧げていたそうです。
神社へのお参りも、足が悪くなって一人で歩けなくなるまで、何十年も通ったそうです。

4年前のお葬式のときに父の挨拶で初めて知ったのですが、祖母も実は、若い時に(何歳のときか忘れました。結婚して子どもも大きくなったときです)、不治の病にかかり、危篤になり、親戚が一同集まったことがあったそうです。
でも、祖母の友人が、ある神道に、祖母の名前を書いた札を送って浄火でお祓いを依頼してくださったら、病がうそのように治り、祖母は危篤から甦ったのです。
それがきっかけで、祖母はこの神道を信仰するようになりまして・・ 命が続く限り、家族や会社、人類のために祈り続けることを決めたようで、神社参りや、会社での祈りを捧げるようになったそうです。
(本当にそのお祓いが効果を成したのかどうかはわかりませんが、でも、祖母はそれを信じているようです。)

こちらの神道は、実は、比較的新しく、仏教やキリスト教の教えも含まれており、非常にニュートラルな教えで、子どもにもとてもわかりやすい内容でした。

ふりかえれば、祖母は、本当に、私に、宇宙の法則、真理の謎解きのきっかけとなる鍵を手渡してくれたんだなぁと思いました。 そして、祈りの力と素晴らしさも・・。

祖母は祖父とともに、経済的困難で学校に行かせることができないでいた親戚の家の子どもを預かって、代わりに高校に行かせてあげたり、ある事情で心的トラウマを抱えた姪を預かって自分の娘のように大切に育てたり、そういうことも無償でやっていたようでした。
それは、祖母が亡くなってからわかったことでした。
決して祖父母は裕福ではなかったし、戦後、倒産も経験しているし、余裕があったわけじゃないはずなのに、人助けをするなんて、本当に素晴しいなぁと思いました。
だって、一度だけ本人たちから子どものころに聞いたことがありましたけど、祖母の誕生日に祖父が生卵を2つ買ってきて、それを誕生日祝いとして一つずついただいた・・なんていうエピソードがあるんですから・・ 今私たちが物に溢れた環境に恵まれているのは、この時代のご先祖さまたちががんばって土台を作ってくださったからなんですよね。 いかに私たちは幸せであるか、本当によ~く知るべきですね。 (戦時中の日本の方たちからみれば、私たち億万長者のような暮らしぶりですよ。本当に。)

今の私の幸せは、祖父母が苦しい時代も生き抜いて、幸せの礎を築いてくださったおかげです。

祖母のようなミセス・サンタクロースになんて、とってもじゃないけど、私・・足元にも及ばないですね・・
(弔辞読んでから知ったのよね~・・祖母のそれらの偉大さを・・笑 もちろん祖父の残してくれたことも偉大です。)
でも近づけるように少しずつ磨いていこうと思います。

実は「魂のしくみ」シリーズ、まだつづく・・・

好評の連載「魂のしくみ」シリーズがリクエストに応えて、待望の書籍化☆2016年2月22日発行!
魂のしくみ - こころがうるおう、やさしいお話 引き寄せの法則を紐解く魔法の本
f0186787_14514619.jpg


今日もクリックご協力いただけましたら幸いです♪ ↓

f0186787_1541487.jpg←ブログランキングに参加中。 あなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪


★Naomi Angel のイベントのお知らせ★

2010年11月28日(日) in 豊洲 華蓮(KAREN)さんのクリスタルボウルとのコラボイベント
天使たちの絵に囲まれて、横になりながら、リラックスして聴ける、あなたのためのヒーリング・タイム。 宇宙の音・クリスタルボウルの癒しで、心身・オーラともにぐっすりと癒されます。

2011年1月15日(土) in 銀座 オアシスの森AZAMIチャリティーコンサートwith素敵な仲間たち
和声エンヤと評される、神秘的な歌声の持ち主、屋久島出身のAZAMIさんとのコラボイベントに、Naomi Angelの作品を出展いたします♪ 1月15日(土) in 銀座・内幸町ホール
詳細・お申込みはこちら。 Naomi Angelにご予約いただいた方は、チケット早割&お正月特典で3,500円のチケットを2,000円に♪

■ Naomi Angel's Twitter ■
日本語 Twitter アカウント @NaomiAngel7 (Only Japanese Language 日本語のみ)
English Twitter Account @NaomiAngel777 (Only English Language 英語のみ)
[PR]

by naomiangel | 2010-11-27 01:11 | Soul Mechanism 魂のしくみ

<< 本日、豊洲でクリスタルボウルと... 懸賞 魂のしくみ 第19章 光のどこ... >>