魂のしくみ 第2章 エネルギーの世界1 チャネリング/死後の世界

懸賞 2010年 11月 06日 懸賞

(Japanese only)

魂のしくみ 第1章のつづきです。 (序章からあります。 初めて読まれる方は、序章までさかのぼってお読みください。 ※シリーズ目次はこちら。)

すみませんねえ・・こちらの話・・ 続きがなかなか書けなくて・・
伝えたいことがいっぱいあるのですが、どういう順番でどういう風に説明したらいいかなぁ・・と頭の中をめぐっていました。

今日は、ちょっとエネルギーの法則というか、エネルギーの世界というか・・そっちの方面から話してみたいと思います。

裏ブログにもちょこっと書いたことがあるんですけど、実は、私、数年前に、天に還ったいとことチャネリングしたことがあるんですね。
(チャネリングとは、肉体を持たない存在が、ある別の生きている方の肉体へ入り込んで、その方の口で語ることです。 つまり、身体を借りて語る方法です。 そのチャネリングができる人、つまり、身体を貸す人のことをチャネラーと呼びます。)

いとこは、かなり前に、まだ高校生だったのですが、事故で亡くなってしまいました。
そのおよそ8年後のことですが、ある時期、ひんぱんにいとこが夢に出てくるので、何か伝えたいことでもあるのかな・・?と意識を向けていたら、突然、私はトランス状態になり、いとこが私の体にいつのまにか入ってきて、私の口で、その場にいた私の父と語り始めました。

そのときのことが、本当だったのかどうかはわかりません。
でも、家族の中では、それは本当だったに違いないと話しています。

そして、私も、その体験は本当だったと感じています。
なぜなら、いとこが語っている間は、私の思考で話そうとしても口が動かなかったし、身体も動かすことができなかったからです。
数分話したあと、「もうそろそろいかなきゃ・・」と私の身体からいとこが抜けていくときに、いとこが「Naoちゃん、身体借りてごめんね、ありがとう」と言いながら抜けていき、そしたら不思議と身体が動きました。

また、私は、10年くらい前に、三人の方(占い師、修験者、霊能者)それぞれに、「あなたは巫女体質であり、前世巫女だった可能性が高い」と同じような事を言われたことがありました。
おそらく、前世で、神前で、神様に身体を貸して、語らせて、踊っていた、ということをやっていたのかもしれません。

いとことチャネリングをしたとき、その場には私の父が居合わせていたのですが、父の質問に対して、いとこは、いま(普段)どこにいるのか・・を話してくれ、いとこの視界と感覚を、私もサードアイと超感覚で共有することができました。

そのときにふっと思ったのは、

天国という場所、地獄という場所がそれぞれ存在するわけではないんだなぁと思ったことでした。  (って、これが説明が難しいのですが・・・)

肉体から離れ、エネルギー体だけになった魂は、そのときの心の状態で、見える景色が変わる・・・ 存在する世界が変わる・・という感覚を味わいました・・。

この前に、「天国と地獄」というタイトルで、天国と地獄での食事の様子を描いた寓話をご紹介しましたけれども・・・

あれは、寓話として紹介しただけなんです。 実際にそのようなレストランがあるかどうかは知りませんよ~。 笑
でも、たとえ話として、あるいは、教訓として、とても興味深いと思ったので、紹介しました。
エネルギーの法則からすれば、形は違えど、そういう状態、そういう世界が現われるということはありうると思います。

つまり、何がいいたいかというと、
物理的に天国・地獄があるというのではなく、また、物理的に天国に移動したり、地獄へ移動したりするというのではなくて、見える世界・感じる世界・自分が存在するその場が天国のような状態・地獄のような状態に切り替わる、という感覚です。

私の父の「今、どこにいるの?」という質問に、いとこの視界(=私の視界)がぱーっと広がって、明るくなり、
あたりはキラキラと虹色に輝き・・・
物質のようなものは見当たらないのだけれども・・
虹色の霞のような・・霧のような・・雲のようなものがあたりに広がっていて・・
虹色に加え、キラキラ黄金のような粒子・・ 白・・ そういうやさしい明るい色が広がっていました。
そして、何より、そこにいるだけで、心のそこから、「幸せ~~~!」と、幸せな気持ちが沸き起こって、とっても安心できました。 心が透き通っていくような・・・その場にいるだけで幸せな感覚になれる、とても不思議なところでした。
それをいとこは私のサードアイで見えるように見せてくれました。 いとこの視界と私の視界が一緒になった、という感覚です。
そして、私の超感覚も、同時に、その美しい幸せなエネルギーを感じ取りました。

ほかの魂の存在もそこに光り輝いて存在していました。 先に亡くなっていた祖父母にも会えました。

いとこは、突然の事故で亡くなったので、肉体から離れてすぐのときは、混乱で、暗い状態の中をさまよっていたようです。
でも、しばらくして、この美しい世界にたどり着いたようでした。
たどり着いた、というより、自分(いとこ)がいる世界が変わった・・というかんじでしょうか。

しかし、ときどき、自分が遺して行った家族、とくに自分のお母さん(私の叔母)が悲しみ苦しんでいるのをキャッチして、ぐわ~~んと物質界にひっぱられて、泣いているお母さんの顔が見えたことがあったようでした。

そして、私と父は、いとこに、残されたいとこの家族へ、いとこのメッセージを伝えてほしいと言われました。
私たちはタイミングが訪れたときに、いとこからのメッセージをいとこの両親・きょうだいに伝えました。

その天国のような美しい世界のエネルギーに触れることができたおかげか、
私のオーラの波動がぐぐーんと清まったのか、 チャネリングが終わった後、
その日、愛犬が生まれて初めて、自分の背中を全面、私の体(わき腹)に気持ちよさそうにぴーったりくっつけてずっと寝ていました。 今までも、一緒に寝たことあるけれど、体の一部をくっつけても、すぐにちょっと離れて寝たり、という感じだったのに、その日はぴとーーーーっといつまでもくっついていました。 さも、私から出ている天国のようなエネルギーが気持ちいいとでもいうように・・・

動物はエネルギーに敏感ですからねえ・・・ 

だから、私は自分が見てきたこと体験したことは本当なんだ・・と思いました。

長くなってしまいましたが、
エネルギーの法則については、まだ続きます。

つづく

好評の連載「魂のしくみ」シリーズがリクエストに応えて、待望の書籍化☆2016年2月22日発行!
魂のしくみ - こころがうるおう、やさしいお話 引き寄せの法則を紐解く魔法の本
f0186787_14514619.jpg



f0186787_1562351.jpg←ブログランキングに参加中。 クリックお願いいたします♪ あなたの毎日がいつもキラキラ・ミラクル・ハッピーでありますように♪ いつもありがとうございます♪


★Naomi Angel のイベントのお知らせ★

2010年11月28日(日) in 豊洲 華蓮(KAREN)さんのクリスタルボウルとのコラボイベント
天使たちの絵に囲まれて、横になりながら、リラックスして聴ける、あなたのためのヒーリング・タイム。 宇宙の音・クリスタルボウルの癒しで、心身・オーラともにぐっすりと癒されます。

2011年1月15日(土) in 銀座 オアシスの森AZAMIチャリティーコンサートwith素敵な仲間たち
和声エンヤと評される、神秘的な歌声の持ち主、屋久島出身のAZAMIさんとのコラボイベントに、Naomi Angelの作品を出展いたします♪ 1月15日(土) in 銀座・内幸町ホール
詳細・お申込みはこちら。 Naomi Angelにご予約いただいた方は、チケット早割&お正月特典で2,000円♪

■ Naomi Angel's Twitter ■
日本語 Twitter アカウント @NaomiAngel7 (Only Japanese Language 日本語のみ)
English Twitter Account @NaomiAngel777 (Only English Language 英語のみ)
[PR]

by naomiangel | 2010-11-06 07:43 | Soul Mechanism 魂のしくみ | Comments(0)

<< WASEDA GIRL = ワセジョ 懸賞 Happy Halloween ! >>